ご予約・お問い合わせ

《続》10/19「戌の巻」御礼&レポ

まだまだ続くのでした。「戌の巻」レポ、前回の続きです。
出来事や思いが、あちこちでだんだん発酵して、あとからじわじわと味わいが増してくるあたりが、いかにも晩秋の「戌」らしいと感じます。

戌は静かでしたー。
けれど、「地下神殿」とおっしゃっていたように、中が忙しい。
そんなのわかんないよ!ってなものですが、
いつもはお話にならないのに、中の忙しさを教えてくださったNさんSさんに感謝です。
心のうちを聞かせていただけるのは、かなり貴重ですよね。

E子さん、いつもありがとうございます。ほんとほんと。NさんとSさんがお話くださらなかったら、わたしのオンステージで終わってしまうところでした。よかったよかった。みなさまのご協力に心より感謝です。

ちなみに「戌の巻」終わってから寄ったフォーチュンカードマーケットで、柳月子先生にばったり会いました。月子先生は己丑生まれで戌もたくさんお持ちのTHE 土レディ!「戌は喋らない?そうですよね。そういう場では全然喋りませんね♪」と、すぱっとお言葉いただきました。大爆笑www

ということで、これまでの流れはこちら!

10/19「戌の巻」御礼&レポ

癸のOさん、いつもありがとうございます。

Nさんの ‘同じ事しても日居さんだけ注意される’ は腑に落ちました。本人は納得しないけど、側から見てると”仕方がないよね〜“みたいな。
そして”目立つから”としか言い様がない感じ。
目立ちたがり屋さんと一緒くたにされがちかも。

そうなんですよね。甲戌、乙亥、甲辰、乙巳あたりのお生まれのみなさまに「華やか!目立つ!素敵!」と、どんなに褒めても褒めても、なかなかストレートに受け取っていただけないことが多いです。

なんだかいい雰囲気を醸し出していたり、キャラクターに華があって、自然に目立って素敵なので、おっしゃるとおり「目立ちたがり」とはぜんぜん違いますよね。

あと、わたしが資料のデータ貼り間違えた件はこちら。わざわざ調べてくださってありがとうございます!

あと元データの1982年11月11日は東原亜希さんですかね?デスブログだとか。

ふおお。がっちり盤石に固めたい足元と、たっぷり水を含んだ山の不安定さとのコントラストが特徴的です。陽占でみるなら、たくさんお持ちの調舒星が「そこでそれを言うか!」ってみんなが驚くようなことをナチュラルにつるっと言いそうな図に見えます。

そして、今回のほぼメインキャスト!だった、甲辰のNさん、ご感想ありがたく拝読しました。感謝!

戌の会で、グォ~ッとしゃべってしまった私ですが、
新参者なのに、しゃべり過ぎたかなと少々反省もしております。
でもまぁ、辰戌持ちの”降れば土砂降り感”を感じていただけたら幸いです(笑)
余計なお世話と分かってるんですけど、講師の先生のことを考えると、
発言のない講座にしてはいけないと思うのです。
それにお金も時間も使ってるのですから、発言しないともったいないと思うのです。
あ、欲深な土の発言ですね(笑)

いいえいいえ。ぜんぜん反省なんか必要ありません。わたしもみんなも、Nさんの楽しいトークでたくさん笑わせてもらって、とっても感謝しています。

ふふふ♪ そうなんですよね。Nさんは土がいっぱいあるけど、日干は甲であらせられる。つまり陽占だと禄存星や司禄星のプロフェッショナル。いつも周りを気遣ってさりげなく溢れるサービス精神に、いつも助けてもらっています。

正直な話、ど素人なので、戌の会で出たロジックの話なんかはさっぱりだったのですが、
丑も持ってるので、丑の会にも参加させていただこうと思っております。
よい?

はい。もちろん大歓迎です!丑の巻は、来年1月25日(土)11-13時、旧正月の日にピッタリ合わせましたので「旧正月スペシャル」としてお届けする予定です。ぜひぜひいらしてください^^

でもって、うちに帰って、家族の命式を確認したところ、
父が、日干が丁未と月干が癸丑でした。
N家って、土用が役満のおうちだったのです(笑)

すんごいですねーーー。土性のエリート一家だ!そうそう。そうだった!思い出した!

Nさんから、以前いただいたメールを発掘しました。このブログ記事を読んでお寄せくださったご感想メールです。

【満席御礼】3/22ウラナイトナカイ出演情報&捨てる人捨てられない人、最近のこととか

Nさんからお寄せいただいた、土性エリートのN家データを拝見してみましょう。

ところで、掲題の捨てる人、捨てられない人の話ですが、面白そうだったので、私の愛すべき家族を調べてみたところ、

私と父は、土性の対冲持ち。
私は、辰と戌の組み合わせ。
父は、丑と未の組み合わせ。

母と弟2人は、詳しく覚えてないけど、半会持ちでした。

もちろん、皆、それぞれ自分の部屋には、物が溢れております(苦笑)

あくまでも、N家の場合ですが、
対冲組の方が、半会組に比べて、物は少ない方ですね。
ま、どんぐりの背比べ程度ですけど(苦笑)

私も父も、物を捨てたい衝動、あるいは、引越しなどの捨てざるを得ない常況が、何年かに一度やってくるからだと思います。

半会組は、捨てられない以前にまずコレクターなので、それだけで物が多い(爆)

溢れる土性、そのまんますぎて、すんごいですねーーー(笑

あと、戌の人は、ホントしゃべらないですね。
とある講座で一緒になり、その後親しくなり友達になった人は、
私のことを、よくしゃべるやつだと初対面では思ったそうです。
で、その彼女の命式を調べたら、日干が庚戌でした。
彼女は、講座が回を追うごとに話すようになりましたが、
初回は全く言葉を発してなくて、私とは正反対でした。

というわけで、現場からは以上です(^_-)-☆

なるほどー!辰の人と戌の人のエピソード、おもしろすぎる。辰と戌は、同じ土だけど、季節が正反対で気質も全然違いますね。

Nさん、講座の最中だけでなく、終わってからも楽しいご感想ありがとうございました。また丑の巻でお目にかかれますことを楽しみにお待ちしております!

 

それにしても、辰の人たちがわかりやすくさくさくと発言したり活動しているのに対して、外から見て何を考えているのか、何を求めているのかちっともわからない戌族のポーカーフェイス、謎めいていてカッコいいんですけどね。

そうなんです。わたしは十二支の勉強をしているとき、最後までなかなか理解できなかったのが、何を隠そうこの「戌」のみなさまについてでありました。

そういえば、やはり戌の日生まれの深瀬まる先生が「みんなのスピードについていけない。ゆっくりなんだよ」とおっしゃっていたのも印象的です。枝葉がどんどんハイスピードで成長する「辰」に対して、実りを終えた植物が、着実にじっくりと地中にエネルギーを溜め込んでいくのが「戌」と考えれば、ゆっくりなのも納得です。

そうだ。2018年の戌年辰月に書いたこれらの記事は、いまだにたくさんの方々にご覧いただいているようです。まだの方はぜひこちらもどうぞ!

2018/04/13 辰と戌(天羅地網と魁罡)

続「辰と戌」戊生まれさん、戊辰関係者のみなさま宛の追記

2019年春に開催した「辰の巻」のレポはこちらです。

4/20「辰の巻」御礼とレポ&蛇足ならぬ龍足?いろいろ。

ということで、このあとは冬ゾーン。11月16日「亥の巻」は来週です!

これまでずっと音声受講してくださっていて、今回はついに!はるばる盛岡からお越し下さる乙亥生まれのTさん、同じく乙亥生まれのアサシン甘夏先生、亥月生まれの「ぬし」様など、亥族のみなさまが集結予定です。

いよいよわたしたちのターン!となる冬生まれのみなさまや、亥や子の日生まれのみなさま、ぜひぜひこの機会にお越しいただけたら嬉しい限りです。

【募集中!】11/16 亥の巻「干支で読む10」

「亥」は「核」でもあります。表面はとても静かに見えても、その中には激動の潮流が渦巻く心の様子やエピソードのあれこれを、ぜひぜひじっくり伺ってみましょう。

まだまだお席たくさんありますので、ぜひみなさまご参加ください。お待ちしております!

最新スケジュール

ご予約・お問い合わせ

あなただけの個人セッション