ご予約・お問い合わせ

第九回「調舒星×牽牛星」THE チャレンジ企画!

これまで十大主星の講座で、もれなく毎回みなさまにチャレンジしていただいている課題シリーズです。いよいよ残すところ今回を含めてあと2回です。

思考実験の一環として、「相剋関係の十大主星を組み合わせたとき、想像できるケンカのパターンや、人間関係のすれ違い場面をシュミレーションしてください」というものです。みなさまも総当たり全パターン、ぜひチャレンジしてみてください。

Eさんがお寄せくださった解答例が素晴らしかったので、みなさまにもご紹介しています。全10回なので、だいぶ長期にわたっておりまして、前回からだいぶ間が空きましたが、覚えていますか?前回の特集はこちら!

第八回「玉堂星×調舒星」THE チャレンジ企画!

「調舒星×牽牛星」の巻

ではEさんからの解答例、第九回いってみましょう。調舒星と牽牛星の組み合わせの場合です。

調舒星は、自分自身の主観の世界。ひらめきや直感に従い、反抗的で既存の世の中に反旗を翻したい性質。
牽牛星は、自己鍛錬と社会的野心。ルールと秩序を重んじ、有能な存在となり世の中で重用されたい性質。

いつも正しく美しくキリリと決めたい牽牛星が「正官」で、誰もが持つ裏の本音や激しい感情に親しい調舒星が「傷官」と考えてみれば、調舒星は牽牛星を傷つける性質であることが、自ずと想像できるはずです。この組み合わせは、本音と建前の争いです。社会の秩序と個人の衝動のぶつかりあいと考えてもいいでしょう。

では実際の場面を想定して、どんな人がどんな場面でどんなことを言いそうか、想像してみましょう。詳しい方はぜひ、ご自分の周りにいる調舒星的な人や、牽牛星的な人の言動を思いだしてみてください。どちらかにご自身が該当する場合は、ご自身のエピソードを参考になさってみてもOKです。

なるべくご自身で考えて書いてみてから、以下の解答例をご覧くださいね!

調舒星×牽牛星|同僚編

牽牛さん

同級生が最近医者と結婚したんだよね。30歳までに結婚しなきゃなのにまた先越されちゃった!ねぇねぇ、営業の売上ナンバーワンの葛城さんってかっこいい。調舒さんの彼氏なんでしょ?
別に仕事できるから付き合ったわけじゃないって。そもそも30歳までに結婚しなきゃって思ってないし。

調舒さん

牽牛さん

えーなにそれ変なの。ずるいなぁ。どうやって落としたの?
葛城さんとはたまたま共通の趣味があったんだよ(釣りだよ、渓流釣り!おめーにはわかんねえだろ)。それに、みんなそれぞれ変わってるんだから。他人ばっかり気にしてたら、相手いつまでも見つかんないんじゃない?

調舒さん

ああもう赤ベコレベルでうなづくしかない、あるある案件ですね。あるあるあるある。典型的なよくない牽牛星の弱点・アキレス腱は「普通教」のモーレツな信者であることですね。

「普通の結婚がしたいです。どうしてみんな普通に結婚しているのに、どうしてわたしは普通に結婚できないんだろう?わたしはこんなに普通の会社員で、普通に学校を卒業してからずっと普通に働いていて、こんなに普通なのに!」

みたいなことを、普通教信者のみなさまは、鑑定の場ですらすらーっと普通におっしゃいますからね。なんのてらいもなくごく普通にwww そもそも「普通」ってなに?とこちらが問うと、うまく答えられないところもみなさん共通しています。

さて問題です。いまあなたがおっしゃったフレーズの中には、いったい何回「普通」という単語が出てきたでしょう? って、わたしに笑われて茶化されること間違いなしですよ。おつかれー!

あ、そうそう。「あんな人でも結婚できてるのに、なぜわたしは結婚できないんだろう?」っていうバリエーションもありますね。ツッコミどころ満載ですわよ。いろいろ余計なお世話すぎる上に、いろいろ間違ってて、いろいろ意味不明すぎる!

調舒星×牽牛星|恋人編

牽牛さん(男)

俺さ、今度昇進するかもって課長に言われてるんだ。
へぇーw。(これ「すごいね!」っていうリアクション待ち?うわー死んでも言うかよクっソださ)

調舒さん(女)

牽牛さん(男)

(おや…すごい!って言われないぞ…)。同期より早い出世だからさ、ちょっと困っちゃうっていうか、忙しくもなるし…期待に応えて頑張らないとって思ってるんだ。
そんな困るんだったら昇進断ればぁ? てか、同期とどんぐりの背比べしてもつまらんくない? 仕事ができる人ってそういうの気にしないイメージ。ちっさい悩みなんだから気にしなくていいよー。

調舒さん(女)

そうそう。これな!(爆笑)まさにこういうときにでてくるのが、調舒星のマジックワード「別に」ですよな。(沢尻エリカさんはまさに調舒星中心です)

世間が「すごいね!」って讃えるシチュエーションになればなるほど、調舒星関係者は「へー。で?それが?」という反応になります。

牽牛男のプライドをズタボロにする調舒女です。
私、やりがちというか、大好きなんです。
こういう男性の小さなプライドをポキっと折ったり、刺すのが。
(もちろん司禄の微笑みを添えて) Eさん

あはは〜♪ 笑いが止まらない。それはそれはよーーーく効きそうですね^^ 男のプライド(正官)を挫くものが、傷官とはまさに言い得て妙です。相手は別に男性じゃなくてもいいですしね。

「世間体」「ブランド」に象徴されるものはだいたい「正官」です。目の前の相手が(意味不明な)自慢をしてきたり、(無駄な)マウンティングしてきたら、決して同じ土俵に乗ってはダメで、適当にやり過ごして逃げるのがいちばんですけど、調舒星はわざわざ斬り返す。相手のプライドを無化する(地に落とす)ことをわざとやります。場が凍ってもへっちゃら。

わたしももちろんこのお仲間です。特に若い時はこういう言葉と態度の大きな刃をブンブン振り回して歩いてる感じでした。もちろん自分も相手も血まみれになるのですが、そういうのが楽しいんだな、これがw(またの名を厨二病という)

いまはもうだんだんおいそれと本気で刀を抜くことはなくなりましたが、いまでも体裁だけを気にして丸く収められようとすると激しく暴れますし、噛みつくでしょう。(だから保守的な組織には絶対向かない)この調舒星の感覚がわかる人は、きっとみなさまの中には少なくないはず。調舒星案件でお困りのみなさま、いかがですか?

調舒星×牽牛星|親子編

調舒さん(母)

将来何になりたい?
何がいいかな? 私は禄存ちゃんみたいに要領よくないし、車騎ちゃんに比べて運動もイマイチだし、勉強だって玉堂くんみたいにできないから、毎月貯金できるように一流会社のOLかな。あ、やっぱり公務員がいいかな。試験が難しそうだね。今から頑張らなくちゃ!

牽牛ちゃん(子)

調舒さん(母)

ずいぶんつまらないこと言うのねー。お金は死んだら使えないし、人生は一度きりなんだよ。面白くてなんぼでしょ。

Eさん、ずいぶん抑えめに書いたな…自己規制ブレーキの音が聞こえる…(遠い目

親子で調舒×牽牛、この組み合わせは調舒側の親が無自覚なままだと、たいへんよろしくない。大惨事になりかねない。(つまり、調舒×牽牛を同時に持ってる人たちはもれなく自分の中で常に大惨事をやってるとも言えるけど、まぁ自分のことは自分でなんとかするしかない)

これまでわたしは、牽牛星のお子さん側からの悲痛な叫びもたくさんたくさん伺っています。今回この項目を読んで胸を痛めている牽牛星のみなさんもたくさんいらっしゃるでしょう。

調舒星関係者のみなさまは、ぜひとも胸に手を当ててよーーーく考えてみてください。いつも誰もが内臓むき出しのような、生々しい本音ばかりをさらけ出しては人生は成り立たない。美しい理想や建前が、自分や周りを、ひいては社会を守る場面もたくさんあります。

「調舒星の完璧主義やこだわりを、生身の人間に向けてはいけない(含む自分)」もうひたすらこれだけです。

調舒星の鋭い刃は、生身の人間に向けずに、創作や表現活動に向けるのがいちばんです。フィクションの世界で、自分の果てなき想像力や理想を形にしてみましょう。文章を書く、音楽を演奏する、絵を描く、踊る、歌う、なんでもいいです。なるべく「すぐに役に立たない」ほどいいでしょう。

牽牛星のみなさまにおかれましても、常に向上心に溢れ、ご研鑽を忘れないストイックなお姿をいつも憧れの眼差して見つめ、もちろん最大級の敬意を払ったうえではありますが、あえて申し上げたいことがありますでざます。(超絶キテレツ敬語で喋るぜ!)

特にダメ牽牛星のみなさまにおかれましては、いつも周りを格付けして上下関係で認識したり、「恥ずかしくないように」がご自身の行動の基準だったり、「使えるやつか使えないやつか」が他人の判断基準だったり、社会的な地位や名誉、住所や学歴、収入やお勤め先といったネームバリューやブランドといった外側のパッケージばかりを気にしていると(そのカッコ悪い感じったら!)周りにもバレバレでございます。

さらに頭のネジが飛んじゃった牽牛星(車騎星含む)関係者のみなさまが口を揃えておっしゃる「わたしがいないと会社が回らない」「わたしがやらなければ」とか、はてさて?いったいなんの寝言かと思います。「それはたいへんですね。あなたご自身が経営する会社なんですか?」と、わざと尋ねてみるわけですが、もちろんそういうケースはほぼ皆無。

その「わたしがいなければ」っていうキテレツな責任感?それがまさにブラック企業の温床!餌になってるとしか思えず、いったいなにをいってるかわたしにはちっとも意味がわかりません。「こんなだいじなときに逃げるなんて、自分が情けない」とか言ってないで、ヤバイときはとっとと逃げろ!

そしてもうひとつ。誰もがあなたのように滅私奉公したいわけではない!誰もがギリギリまで自分を追い詰めたいわけじゃない。あなたがあなたの基準で他人を判断して裁くのは大きなお世話です!きりっ。

はい、調舒星中年の主張でした。こちらからは以上です。

さて、調舒星と牽牛星、ご自身はどちら寄りですか?どちらにより共感しますか?どちらの行動パターンのほうがご自身に近いですか?周りにこのような人はいらっしゃいませんか? そんなこともあれこれ考えてみると、ますます実践力がUPすることでしょう。

関連記事をいくつかピックアップしておきます。ぜひ合わせてご覧くださいませ。

火剋金 〜調舒星(傷官)vs 牽牛星(正官)

牽牛星は負けず嫌い〜結婚は勝ち負け?!

続・牽牛星は負けず嫌い〜結婚は勝ち負け?!

東洋占における「吉凶」を調舒星的キレ芸で語る

次回は「牽牛星×石門星」をお届けします。最終回は、個人と社会の葛藤について考えます。

第十回「牽牛星×石門星」THE チャレンジ企画!

最新スケジュール

ご予約・お問い合わせ

あなただけの個人セッション