ご予約・お問い合わせ

2020年「乙酉」月の運気予報と乙木生まれの菅官房長官の考察

庚子年 乙酉月
2020年9月07日 白露 13:08
2020年9月22日 秋分 23:30

9月7日、二十四節気の白露(はくろ)です。

白露 (はくろ) 太陽視黄経 165度
大気が冷えてきて、露ができ始めるころ。
「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」暦便覧

2020年9月7日
「庚子」年+「乙酉」月、節入りのお知らせです。

◯乙庚
◯酉子

巨大台風の襲来に、まだまだ続く酷暑の日々、ちっとも「秋」の雰囲気がありませんが、着実に日は短くなり、セミの声よりも虫の声のほうが大きくなってきた東京です。

「乙酉」は、秋の花であり、盆栽の花です。切り花や生け花のように、草花が美しく剪定されて飾られているような図です。(座下の金性に剋される乙木)

人当たりよく、自らはやせ我慢してでも、自らをスマートにカッコ良く保とうとする美意識があります。穏やかで平和な環境でこそその美しさは映えるので、あまり変化の多い激しい環境には似合いません。

周りのために献身的に動く人ですが、あまりにも自らを捧げ過ぎないように、周りからきちんと大切にされるような立場に身を置くことが大切です。

9月22日 秋分 (しゅうぶん) 太陽視黄経 180度
暑さ寒さも彼岸まで。しだいに夜が長くなり、秋が深まっていきます。
「陰陽の中分なれば也」暦便覧

2020年「乙酉」月の概況

◯乙庚
◯酉子

庚と乙は、大きな鎌で草を刈るように、大きくて強い庚と小さくてしなやかな乙とのコンビです。お互いに強く惹き合うとされる特殊な組み合わせのひとつでもあります。

この庚と乙の組み合わせがあり、金気が旺じる時期には「乙が辛に変身」という読み方をする場合がありますので「今月は金の気がとても強くなるよ!」という解釈が可能です。(干合という組み合わせです。干合の読み方や解釈はとにかく魑魅魍魎!諸説たくさんありますよ)

特に乙生まれのみなさま、今年はここまでいかがお過ごしでしょうか? この9月は変わりどきだとおもうので、なにがあったか、どうだったか、こんどぜひこっそり教えてください。

酉月は金の性質なので、この9月はますます金の要素が強まります。金気の性質は、とにかく「白黒はっきり」させたがりますし「さっさときっぱりはっきりすっきりしたい」です。物事の展開はスピードアップするでしょうし、不正や筋の通らないことは嫌がられます。できるだけ明快なコミュニケーションを心がけたいところです。

即断即決の正義感の強さは良い方向に発揮できればいいですが、なにもかもを「正しい/間違い」と切り分けることは不可能です。早い展開についていけない弱者を切り捨てたり、すぐに答えの出ない微妙な問題を切り捨てないよう、気をつける必要があるでしょう。まだ誰もみたことのない貴重な宝のタネは、混沌の中から生じるからです。

今月は少しブラック風味でお届けします。

甲の日生まれさん
長い目で見て「降参したふり」「相手に花を持たせる」作戦も有効です。

乙の日生まれさん
敵も作る覚悟で、思い切って強気で勝負に出るなら今がチャンスです。

丙の日生まれさん
細かい用事が増えて自分の時間はなさそう。いっそ恩を売りましょう。

丁の日生まれさん
待っていてもダメ。たまには自分からアクション、セールスして下さい。

戊の日生まれさん
お財布の紐はしっかり閉めて。気前よく使うと歯止めが効かなくなります。

己の日生まれさん
冷たいものの飲み過ぎ、食べ過ぎ注意。お腹を冷やさないようにご注意を。

庚の日生まれさん
ライバル出現の兆しが。正面衝突は避けて、笑顔の頭脳戦でスマートに。

辛の日生まれさん
みざるいわざるきかざる。焦って突撃せずに、今はじっと爪を研ぐとき。

壬の日生まれさん
思わぬ援助がありそう。自由にしたいならいまは充電と準備がオススメ。

癸の日生まれさん
出し惜しみするとお宝が錆びてしまいます。ブラッシュアップがだいじ。

ん?なぜ牛?今月は酉月ですよ。丑月じゃありませんよ、とおもったあなた、鋭いっ。ここはひとつ「巳(み)△酉(とり)△丑(うし)」の3つは仲間なんだよ、って思っておいてください。

はい。「乙」のことを考えていたら、次期総理大臣と目されている菅官房長官が乙生まれだったので、その図をみてみました。

ちなみに、今度辞任する安倍晋三首相は庚辰日生まれ、次期総理大臣?と目される菅官房長官は乙丑日生まれ、ということで、先ほど申し上げた特別な組み合わせ「庚×乙」です。主導権が庚で補佐役が乙という意味でも、そのまんまの組み合わせだったといえます。

菅義偉 1948.12.06

乙 癸 戊
丑 亥 子

戌亥天中殺+生月中殺

*** | 司禄星 | 天胡星
_______________

禄存星 | 玉堂星 | 龍高星
_______________

天堂星 | 龍高星 | 天極星

二世議員ばかりの中では異色の叩き上げというのがウリで、学生時代は空手部でいまでも欠かさず体を鍛えているというので、マッチョな図かと予想して開いてみたら、典型的な「黒幕」「参謀型」「引き立てられ運」でした。

出馬表明のあと「何を言ってるかわからない」という酷評がありましたし(確かに『自助・共助・公助の国づくり』ってあまりにも酷い!)「パフォーマンスは苦手」と過去のインタビューで答えていた記事が出ていましたが、さもありなんです。表に出ないで権謀術数の限りを尽くす!役割にはまさにぴったりなので、昔ながらの日本の権力者スタイルなのかもしれません。

乙生まれですが、周りには水が大過していて、乙の草は根無し草として流されやすいような不安定さがあります。(官房長官になってから一度も自宅で寝起きしていないとのことなのでちょうどいいですね)「生じられ過ぎる」=龍高星・玉堂星がたくさん出るので、援助者は多く、頭の回転も良いですが、自分から行動を起こして周りを巻き込んでいく情熱やパワーには欠けます。

とはいえ、ちゃんと乙が根付くための土も装備されています。年干の戊は父の象徴→地元・秋田の盤石な地盤がある?丑は配偶者欄なのでしっかりした奥さんが支えている?と想像されます。よほど周りに恵まれて、バックアップがしっかりしているのでは?と思います。「農家の出身」と言ってますが、実際には地方の名士の名家のお生まれのようですし。

いわゆる「暗くて寒い図」ですが、時期運の幸運な回りに助けられた例と思います。2019年でそれまでの庚午大運が終わり、辛未大運(車騎星大運)に変わったばかりで、人生のピークとなる華やかな時期は終わりつつあるように見えます。来年2021年は辛丑年なので、乙にとっては鋭く激しく切られる流れが続きます。これまでの成功パターンを踏襲するだけでは対処できないので、思い切って捨身で新しい時代に適応できるようなスタイルに変身する(車騎星×2)くらいの勢いが求められるでしょう。

安倍首相も菅官房長官は、実際の関係はいざ知らず「庚×乙」で、昔ながらの読みなら「相性バッチリ」と読まれるのでしょうけど、さてどうなんでしょうね。この組み合わせだけは特殊で、庚はそのまんまの姿で、乙が辛に変わろうとする、という変化として読まれることが多いです。

ちなみに、ふたりとも生月中殺の生まれです。一般論としてですが、宿命中殺(特に生月中殺生まれ)の人たちはどこか非常にアンバランスで、いきなり想定外の動きをするので、先行きがまったく読めない人たちであるように思います。だからこそ異才を発揮する場面は多々ありますが、安倍首相がそうであるように「最後まで美しくまとめられない」傾向はどうしても否めない、とお見受けします。なにもかも思い通りにひとりでやろうとしない、という心がけはだいじかもしれません。

あとはそうですね、乙の人は「ひとりでできるもん」は似合いませんね。寄らば大樹の陰、として誰かの助けをの下に暮らし、にこやかに愛想よく柔和に見えても、中は我が強く強情な人も多いです。どんなに踏まれてもすぐに復活するしたたかさや強靭さも、乙ならではです。

五行の中で、木気だけが生命を持っています。「曲直」といわれるように、のびやかに自由に成長することが、木気のいちばんの魅力です。時に堅苦しくストイックでせっかちな金性とは全然違う性質ですが、伸びすぎてもじゃもじゃのジャングルになった木気を刈り込んで綺麗にしてくれるのは金気しかありません。相剋=悪ではありません。

ということで、こちらからは以上です。

最新スケジュール

ご予約・お問い合わせ

あなただけの個人セッション