ご予約・お問い合わせ

7/20「三奇星リアルボイス研究会」レポ

7月20日(土)「三奇星リアルボイス研究会」ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。みなさまお忙しい中を駆けつけてくださっただけでなく、定員8名のトナカイノニカイに、12名ぎゅうぎゅうでお入りいただく暴挙にお付き合いくださって、忌憚のないリアルボイスを惜しみなく聞かせてくださって、心から感謝申し上げます。

上の写真は、最後にプロ活動中のメンバーで記念撮影をぱちり。撮影してくれたのは、調舒星人のEさんです。ありがとうございました。「調舒星が撮ってくれるんだからまちがいないよ」とわたし言ったけど、そのとおりだよね^^ ものすごくいい写真だ♪きっと何年かあとに見たら、涙腺うるっとくるんだろう。

三奇星とは「調舒星」「車騎星」「龍高星」の3つです。個人主義で伝統や常識に反逆する型破りなエネルギーの星3つが揃うとどうなるか、というところをスタート地点にしたかったので、龍高星が中心で三奇星もちの星読視ゆき先生のお話からスタートしました。

どんなようすだったかは、まず、白鳥ともみ先生のレポをご覧ください。

「三奇星」の会に参加して(白鳥ともみさん)
https://deuxiemkacha.xyz/study-sanmei/4972/

さらに!湊ゆきのさんのレポをご覧ください。

三奇星リアルボイス研究会に参加しました(湊ゆきのさん)
https://ameblo.jp/kinakinakina3356/entry-12496150835.html

ゆきのさんは、楚々としたおとなしいお嬢様に見えますが、車騎星中心で、龍高星2つ、調舒星1つの爆走キレッキレレディであらせられる。

それにしても「金気のキル・ビル、甘夏弦先生のご参加により」って爆笑しました。甘夏さんは牽牛星が3つ!これまでの「アサシン甘夏」だけでなく「金気のキル・ビル」ってまた新しい称号が生まれた瞬間でした。

そして、そんな「キル・ビル甘夏」から「調舒星の人たちは、世の中の弱いものに対する感受性が強くてとてもやさしい。世の中の弱い人や物事に対する愛情がとても深い」という意味のコメントをいただいて、調舒グループのハートがぐぐぐっと揺さぶられていたのであった。

調舒星人のみなさまからも、ご感想メールが届いています。ありがとうございます。冒頭の素敵な写真を撮ってくださったEさんから!

昨日は三奇星の会、参加させていただきありがとうございました。
みなさんの熱気と情報量がすごくて!
途中から頭がややビジー状態に。

まず星読視ゆき先生の半生が語られるというすごいストレートパンチ!が入って、
この会はただ事じゃないなと思ったら、次から次へと…!

私にとっては紅谷先生やともこさんの調舒の話、
そして翡翠先生の禄存の話は、
「うんうん」というところだったものの、
他の星については門外漢。実感を知れてとてもためになりました。

帰宅してから龍高夫に、
「今日びっくりした話をきいてね、仕事で煮詰まってモアイ像を見に行った人がいて」
と言ったところ、
「すごいわかる、俺も行きたいと前から思っていたんだよね」
と…おい、まさかか。イースター島の場所まで調べていました…。
死ぬまでに、モアイ像を見に付き合わさせられそうです。

他にも心に残ったことを書いたらきりがないのですが、
車騎のちょっといっちゃってる感じ(わーごめんなさい)と、牽牛星との共通点と違いも興味深かったですし、
なんといっても甘夏先生の牽牛星の世界は新鮮で、きっと私も「なんでそんなひどいこと言うの!」とこれまで牽牛星の人に思わせることがあっただろうな、とお話しを聴きながら、心の中で反省。

それから、白鳥ともみ先生のブレなさ、否定も肯定もしないという発言、かっこよくて痺れました。翡翠先生もゆき先生もですけれど、戊の方はかっこいいですね。

それから、真ん中に星がある方とまわりにある方の違い、陰占と陽占の関係(癸卯・龍高星の方のいい女感といったら!)など、も、もう刺激が盛りだくさんで!
…というわけでビジー状態になったのでした。

算命学、どんどん謎が目の前にあらわれて面白いです。
今回も、参加させていただいて「冲殺」という次なる疑問の単語が
沼ですね。楽しいです。

ふふふ♪新入部員Eさんにも、お楽しみいただけたようでなによりです。これまで学んできたそれぞれの星についての脳内知識と、実際に目の前にいる人が話してくれるリアルな出来事とが繋がった時の驚きや興奮を、きっとリアルにご体感いただけたことと思います。ますます「沼」へようこそ!これからもたのしんでいきましょう^^

そして、リザードンともこさん、いつも本当にありがとうございます。

たまきさんが最後におっしゃっていましたが、調舒は体育館の裏に呼び出してサシで話をするのが得意と、その通りで、私はみなさんの意見を聞くのは好きですが、発言はやっぱりサシでするのが好きです。

ワロタ。わたしは若いときは特にものすごく気性が荒くてですね、暴力は嫌いですが口が達者で「一対一に持ち込んでタイマンで殴り合う」みたいな物騒なことをよく言ってました。まったく平和でない。(オソロシイ。そんなコワイことはもうできませんw)

せっかくわたし宛に「サシ」で送ってくださったメールですが、おもしろすぎるので、このおもしろさをともこさんとわたしだけで独占するのはきっとこの世にとっては損失かもね。ということで、みなさまにもご覧いただいて、このおもしろさをおすそお分けしましょう。

名古屋からご参加だった龍高女子は本当にダイナミックな生き方をされているのがすてき
個人的には「卯」を持っている人はやっぱり魅力的(ナイモノネダリ)

オブザーバー翡翠先生が壁の向こうでじっと皆さんの意見を聞いていらっしゃったお顔がまた印象的
あのどっしりとした安定感、魅力的、好き(ナイモノネダリ)

サーファー女子の美しいともみ先生の世界観、とてもいいなー(ナイモノネダリ)
自己完結、誰のことも否定せず肯定せず、にっこり座っていらして綺麗だなー(命式も綺麗だったなー)

刀ご持参で参加されていた甘夏先生、いつもたくさんの気づきをありがとうございます
昨日もたくさん気づかせてもらいました、共感から最も遠いところにいらっしゃるのですが、一番勉強になります

私の家族は私以外夫娘二人ともどこかに牽牛を持っているので、みんなとにかく頑張ります、すごい頑張ります
ノーテンキな私一人だけ蚊帳の外ですが、家族の中にはそういう傍観者も必要(イイワケ)
娘に甘夏先生のご発言一式を報告したところ「いいなあ、また私も参加したいなあ」と言いました
よろしくお伝えくださいませ

そしてファイヤーチームのざくろ先生が好き嫌い話になった途端にスイッチ入った様子に一番共感した私は、やっぱり火族
職場では感情をオブラートに包む努力をされていた とおっしゃっていました
火を持ちすぎている私はオブラートではなくて、発火しないように鎧をかぶって仕事していたのだと気づかせていただきました

余計なこと言わない、黙って仕事しているとデキもしないのに「デキる」と勝手に周りは思ってくださっていたので好都合でした 春に退職しましたが、正解でした 今後は個人で活動できるように現在パソコン勉強中です

ふふふ。たのしい。文才あるなー。たのしいなー。まさに調舒星テイストが溢れる素敵な文章ですよね。ファイヤーレディともこさん、これからもどうぞ末長くよろしくお願いいたします。

毎回毎回、核心部分をうまくぼかしながら、ご感想お送りくださるみなさまには心より感謝です。もちろん胸の中だけで楽しんでくださるのも大歓迎です。今回のあれこれもすべて、ご参加くださったみなさまだけの特典ということで、胸にしまっておいてください。

ふふふ♪ありがとうございました!

あとおまけ。昨年末にこんなツイートしてたらしい、わたし。

まぁ要するに、例えば今回のテーマみたいに「ふつう」の枠からはみ出てこぼれ落ちやすい人たち(ワタシモナー!)は、これが何言ってるかわかるでしょう?

わたし自身は子供の頃からあまりにもあちこちで他人から相談されすぎるので(あまりにもそういうのが増えると残念ながらだんだん迷惑と感じるようになるので)開き直って「これをいっそ仕事にするか」と思って、治療師とか占い師になったタイプです。

今回は「石の裏のダンゴムシ」なんて言いかたしましたけど、まぁなんかそういう、世の中の陽のあたる王道からはみ出すからこそ見えること、わかることもあるよね。誰もがそれをわざわざ見る必要はないんだけどね。ということで終わります。またお目にかかりましょう。

8月12日(祝)東洋占術夏祭りDAY!

10:30~12:00 第1部「陰陽の不思議な世界」 担当:天海玉紀
12:00~13:00 お昼休憩(軽食持ち込み可)
13:00~14:30 第2部「東洋占術で自己表現ワークショップ」 担当:翡翠輝子
14:30~15:00 休憩
15:00~16:30 第3部「なっちゃんの夏休み研究発表会」 担当:甘夏弦

8/12 東洋占術夏祭りDAY 参加申し込みフォーム
宛先は夏瀬杏子先生→★

天海玉紀パートは午前中ですが、ぜひ午後も合わせて全日おたのしみください。これまでとは違ったメンバーと雰囲気で、新たな切り口から新鮮な発見がたくさんあることでしょう。

8/12 東洋占術夏祭り「陰陽の不思議な世界」

鑑定の最新スケジュール