20190705「終わりと始まり」タロットカードは怖くない。

ここのところ、ひょんなことからいろいろお話する機会のあった30代くらいの女性たちが、口々にみなさんこうおっしゃるのです。「え?占い師さんなんですか!占いって、興味あるけどどこに行ったらわからないんです。いまLINE占いとか、スマホでできる占いもいっぱいあるけど、どうやって選んでいいかわからないですし」って。そして次にだいたいこうおっしゃる。「誕生日から占うのはなんとなくそうなんだーって思えるけど、タロットはなんか怖い」「タロット怖いー!なんか怖いー!」って。確かに知らないこと、神秘的なことが怖く感じる気持ちはよくわかります。

でもこう答えます。「タロット怖くないですよ。確かに怖そうに見える絵もあるけど、ちゃんとした占い師だったら、怖そうな絵についてもその理由や、これからの対策についてもちゃんと教えてくれるし、大丈夫です。でもそこでそもそも最初に”あなたにフィットするちゃんとした占い師”を選ぶのがむずかしいってことですね。なるほど」と、話は振り出しに戻るのでした。

タロット怖くないよー!いい占い師さん、たくさんいらっしゃるよー!ということで、我らがまつい店長のタロットストーリーをまとめた冊子「ウラナイトナカイ解散記念 チラシウラ タロットコラム56」はこちら。タロット使いの私たちはもちろん、タロットお勉強中の方も、タロットちょっと怖いけど興味はある方も、みんな楽しく読めるコラムがぎっしりです。中野ブロードウェイにお店があった頃は、ふらりと飛び込みで立ち寄られるお客様がたくさんいらして、いまよりもっとタロット10分メニューが活躍していました。あの頃の雰囲気を懐かしんだり、ふつうにちょっとほろりと、にっこりとするようなタロット人情ストーリーがたくさん詰まっています。(ウラナイトナカイ店頭および通販で発売中!)これを読むことで、タロットを楽しく上手に生き生きと使う仲間がもっともっと増えていくであろう。きっぱり。

ちなみに私が初めて使ったタロットカードはこちら!モノクロでした。8才のときでした。(これは大人になってから奇跡的に同じものを再入手!原本は惜しいことに高校生の時に捨ててしまったのです)みなさまはいかがでしたか?タロットカードとあなたの出会いはいつでしたか?どんな出会いでしたか?わたしの話は昔ここに書いたよ。「はじめてのウラナイ」→★

これまではだいたい一般の方々からご質問いただくと「南阿佐ヶ谷駅のすぐそばに、ウラナイトナカイっていう占いのお店があるので、検索してみてくださいね。どの曜日にも確実に間違いのないしっかりした占い師がスタンバイしていますよ。私は天海玉紀と言います。金曜日の夜には私もいますよ。お待ちしてます!」ってにっこり名刺をお渡ししてきました。しかーし、いよいよお店は閉店するし、定期的に座れる機会も減りますので、そういうクロージングトークも使えなくなってしまいました。困りますね。これは、どげんかせんといかん。

というわけで、現在めきめきと!新しい企画を立ち上げています。ウラナイトナカイのお店は終わっても、ウラナイトナカイのDNAをしっかりと引き継ぎながら、まだ誰もみたことがない、ますますおもしろいことをたくさん生み出していきます。8月8日正式リリース予定。閉店までも、閉店後もどうぞよろしくお願いいたします。おわりとはじまりの予告でした。(天海玉紀)