2017/09/24 星読視ゆき先生のルーン占いレポ

9/24 まるごと食洞@吉祥寺にて、星読視ゆき先生のルーン占いを受けてきました。ルーンは触ったことはある程度で、プロにきちんと鑑定していただくのは初・体・験っ♪ ドキドキで席に向かったところ…すごい…

明らかにはっきりと、ゆき先生のテーブルの雰囲気が「清浄で神聖な占い」の空気に満ちていました! うおーーー!アガる。自然と敬虔な気持ちになり「占いに来ました。聖なるメッセージを教えていただくのです」という心持ちになりました。

いやはや。その数十分前までは、ゆき先生とカウンターに並んで座って普通に楽しくおしゃべりしていたのです。あたりまえといえばあたりまえなのですが、ふだんの気さくなゆき先生のお姿とがらりと雰囲気が変わって、頼り甲斐のあるベテラン占い師としてのゆき先生が目の前に!

きゃーーー!ステキ♪ わたしのミーハー魂がぎゅんぎゅん☆ときめきます。テーマは「今後の仕事の進め方」でさっそく占っていただきました。どきどきどきどき…

布袋に入った木片のルーンをひとつずつ、ゆき先生の指示に従ってテーブルに並べていきます。タロットのケルト十字スプレッドと同じような並びが完成しました!(その人それぞれの質問事項やテーマによって、占い方はいろいろ異なるそうです☆)

これがまた、なにがすごいって、ルーンがぜんぶ手作りなんだそうです。袋の中のひとつひとつのルーンがぴかぴかのつるつるのすべすべに磨き上げられていて、それだけでも溢れんばかりの静かで確かな愛を感じます。めちゃくちゃハッピー♪(わたしは牡牛月。触覚フェチです。好みはめちゃくちゃ狭くて、好き嫌い超激しい。でもって、ゆき先生のルーンの手触り最高!)

写真の右手奥にみえる粘土と天然石のコンビネーションのルーンも、もちろん手作り!下の写真いちばん奥にみえるワンドも天然木を削って磨いてひとつひとつ手仕事仕上げでしょう。すごいすごいーーー!ステキだーーー。

こちらが、今回わたしが引いたルーンのスプレッドです。「やりたいことや方向性は、すでに自分の中ではっきりしているのに、周りの声や常識などに邪魔されて(間違ったアドバイス)を信じてしまっていることが問題なので、自分の直感と勢いを信じて、その方向に進んでみるとよい」というお話でした。

うひょーーー。まいった!幾何学的な記号にみえますが、ルーンはそもそも文字なのでそれぞれに象徴や意味があり、その流れを読み解いていらっしゃるのだろう、ということはアタマではわかります。が、なんにしてもこの記号の並びから、わたしの現状やこの先の状況がこんなにはっきりみえるんだなぁ…と、ひさびさに「占いって不思議!」の感動とワクワクを思い出しました。

とにかく、なにも背景はお話してないのですが、いろんなことをズバリズバリとご指摘いただいて、びっくり仰天の嵐でした。すごい!「オーディン」という(北欧の神様ですね)いかにも壮大なお方の象徴もお出ましになられたそうなので、GO!でいいみたいです。「ただし、痛みも伴う」わっはっは。おっしゃるとおりでございます。やるか。やるしかないですね。はい。

さらに!リーディングだけにとどまらず、自分に必要なルーン文字を組み合わせてタリスマンも作っていただくことができました☆ このタリスマンが有効な期間も最初にルーンに聞くのです。ルーンの神様の仰せの通りだ!ついていきます^^

ちなみに、いちばん下に書かれたルーン=ラーグは「水」の意味です。この直前に受けた「アーユルヴェーダ診断」でも「生まれ持った水の体質をもっとだいじに」と言われたばかりで、ここでもまた「水」かーーーー。。。繰り返しこうやって念押しされるときほど、ちゃんと言うこと聞かないといかんですよなぁ…としばし遠い目に…^^;;;

さ・ら・に!メッセージのお土産までいただきました。誰にも言えないもやもやをスッキリと整理して頂いた上に、ばしっと背中も叩いて頂いて、さらに優しいお土産まで頂いて、至れり尽くせりのあっというまの30分!ありがとうございました。

星読視ゆきの【星とルーンの研究室】 →★

星読視ゆき先生の鑑定は、毎週火曜/マリフォーチュン有楽町2号店にて受けられます。→★(代々木第三の眼、カフェ鑑定などについても、ゆき先生にお問い合わせください☆)

【レポ】星読視ゆき先生に、ルーンで占ってもらった! →★(まるごとmaruさん)

まるごとmaru先生によるルーン鑑定レポも、ものすごく力強くておもしろいです。こちらも併せて是非ご覧下さいませ♪

すこーし裏話をしちゃうと、ゆき先生とmaru先生、ぱっと思いつくおふたりの共通項は「龍高星が効いてる」ことです。旺盛な知識欲、高い専門性、野外活動や海外(ゆき先生はアウトドアキャンプや、八重山諸島のエキスパートでもあらせられる!)への志向、ワイルドさと冷静さの共存、筋道立てて物事の構造を理解する論理性のスキル、常識の枠を遥かに超えるスケールの大きさ、などなど。そのことを念頭に置いた上で、まるさんのレポを拝読すると、ゆき龍高星の広大なワールドに魅せられた、まる龍高星sが眼をキラキラさせて貪欲に新たな世界に向かい合っている雰囲気が、ものすごーーーくよくわかります。

ということで、星読視ゆき先生のルーンワールド、ぜひみなさまもご堪能ください☆

2017/09/24 インドカレーとアーユルヴェーダ診断レポ

この日は、インドカレー3種 ⇒ アーユルヴェーダ診断 ⇒ ルーン鑑定と、たまき龍高星も大喜びの大満足!の一日でした^^♪

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加