ご予約・お問い合わせ

【壬・癸の巻】五要素ライフサイクルでみる2021年の運気は?

そろそろ2021年の話を始めましょうか。ここではあなたのお生まれ日の五行別に、2021年の運気をざっくりとお話しします。

「五行」を現代語に超訳!した「五要素ライフサイクル」でお話ししますね。初めて見るよ!という方はぜひこの図をご覧になってみてください。

第三弾は「水」生まれのみなさまへ。
お生まれ日が「壬」と「癸」のみなさまの運気予報です。

2020年は「庚子」、2021年は「辛丑」なので、水の日生まれさんにとっては、自分を生じる五行(生気)が特に強められる2年間です。(龍高星 or 玉堂星の年)

「壬」生まれさんにとっては、もともとお得意な「未来を夢見て」研究やシュミレーション、試行錯誤の実験をしたり、あなたのそんな気質がさらに強調された2020年でした。現実にはステイホームとか自粛とか、行動の不自由が強いられた今年であっても、あなたの脳内はいつでもアクティブ。脳内を果てしなく旅した人も、水面下であれこれ行動していた人もいらっしゃるでしょう。新しい展望や可能性の手応えを感じた人も多いはず。どんな権力や制約も、あなたの意志や思考、尽きることのない想像力を止められません。そんなあなたも、2021年は現実の重力のもとに引き戻されます。先の見えない動乱の世の中で、あなたの自由なアイデアや革新力が必要とされるでしょう。大きな責任やお役目が回ってくるかもしれませんし、できればちょっと無理めと感じられるようなテーマに挑戦してみてください。予算や人員、スケジュール期限の条件など、きっと厳しい局面もあるでしょう。しかし、これまでの時代のあたりまえを刷新し、より良い未来、あなたがめざす目標に向けてのチャンスも巡ってくるでしょう。

「癸」生まれさんにとっては、もともとお得意な「未来を夢見て」日々の生活をつつがなく整えながら、不安な日々にも心を乱されないように、的確な情報収集と準備を重ねて、淡々とご自身の役割を果たされた2020年だったでしょう。誰も見たことのない予想外の展開が続くいまのようなときほど、目の前の日常を安定させる強い意志や理性、穏やかさを備えたあなたの存在はとても貴重です。とはいえ、内心はとても繊細で感受性の強いあなたにとっては、気付かぬうちにずいぶん負荷がかかっていることは間違いありません。2021年はさらに周りからの期待を背負ったり、誰かの代役を務めることになったり、ますます忙しい日々が続くことでしょう。なにもかもひとりで引き受けすぎないでください。あなたがどんなに優秀であっても、自分ひとりでできることには限界があります。自分の時間、誰にも邪魔されない自分だけの聖域を作りましょう。考えすぎもいけません。放っておくと脳内でぐるぐるぐるぐるいつまでも考えすぎるのはあなたの悪い癖です。笑い、美味しいもの、香りといった五感の楽しみを忘れずに。

ということで、水気のみなさまは「未来を夢見て」が強調されるシーズンが続きます。もともと備わっている気質なので、良くも悪くももともとの特徴がちょっと強調されすぎる、ことは覚えておいてください。頭脳明晰なあなたは、何手も先のことが読んで先が見えすぎるのが長所であり短所です。「やってみなければわからない」「とりあえずやってるうちに風向きが変わる」ことは世の中にたくさんあります。「どうせ〜だろう」「しょせん〜だ」という悲観的な憶測もやめましょう。世の中が決して明るいとは言えないこの時代だからこそ、その暗さに同調したりその暗さを思考や言葉によって強調したところで仕方ありません。「どうやったらもっとよくなるか」にあなたの知恵と聡明さを生かしてください。2022年以降には、表舞台でのあなたの活躍の場がたくさん待っています。

天海玉紀の占いセッション、お客様からのご依頼が多いケースをご紹介します。

最新スケジュール

ご予約・お問い合わせ

あなただけの個人セッション