1/23 レポ其の3「禄存星・司禄星」の巻

20130425110834今回の参加者さんの中には、石門星が中心星で中年期天将星(通称:石門+天将)の女傑がお二人いらっしゃいました。さらにおふたりとも、禄存星もお持ちです。いいじゃーないですかー。いいじゃーないですかー。めっちゃパワフル。めっちゃカッコイイ。

愛知から駆けつけてくださった三角由恵さんは、中心に石門星+天将星に加えて、東と北に禄存星を二つお持ちです。命式を拝見して、わたしは感嘆の声をあげました。「すごい…教祖様だ!」(あちこちでそう読まれるそうです。ジャストミートだと思うわ〜☆)

それにしてもこのパワフルな命式を陽転させている三角さん、いったいどれだけたくさんの方達に頼られて慕われていることでしょうか?!(全国からお客様が押し寄せる大人気のカリスマセラピスト/講師です!)

すると、三角さんがこうおっしゃるのです。「自分が変わるときや、手掛けていることのステージが変わるとき、周りの人間関係も変わっていくのが自然だとはわかっているけれど、そのことがとても辛くて、耐えがたくて、ずっとその気持ちを引きずってしまって、悲しくてたまらなくなることがあります」と。

ただでさえ気持ちの濃い禄存星がふたつあれば、お心の中には並々ならぬ濃密で複雑な感情、理屈では決して割り切れない深い情念的な世界が広がっていることでしょう。なんといっても、清濁合わせのみ、なにもかも吸収して、自分の中に抱え込もうとするのが禄存・司禄の特性ですから。

20130425110836

「わたしはわたし・あなたはあなた」というクールな平等精神あふれる石門星と、義理人情とウエットな感情あふれる禄存星との組み合わせは、ご本人の内面には大きな葛藤をもたらすでしょう。でも、結果的にそれが溢れ出る分厚い人間性の魅力となります。

とてつもなく多くの人に頼られて(なんたって、ビッグスケールの禄存2つだからね!)、たくさんの人たちのお世話をして、慕われて、大きな大きなグループを動かしていくことが、人生の使命や目的になるでしょう。それも、そんじょそこらのスケールではない。とてつもなくたくさんの人たちを相手にすることが、人生のお役目なんだろうと思います。すごいことだ。

健幸晴体 そらとうみ(三角由恵さん)→★

ふふふ♪ そうなったらもう好奇心が溢れかえるわたくし、どきどきわくわくで、三角さんのところに今度お伺いしてきます。いまからものすごーくたのしみです!

ちなみに、貫索・石門×禄存・司禄の組み合わせを、わたしは密かに「人たらし」と呼んでおります。自分の軸をしっかりもってる人が、とても親切丁寧に気配りして尽くしてくれたら、そりゃー多くの人はぐっと心をつかまれませんこと? あのひとはいつも本当に優しいのに、あのひとはやっぱりあのひとで、決してわたしのものにはならない、なーんてシチュエーション、萌えません?!(笑

※ 1/27追記
八雲あかねさんからご感想いただきました。ありがとうございます!
「人たらし力=魅力」 →★

つづきましては、同じく石門星+天将星で、禄存星を併せ持つKさんからいただいたご感想もご紹介させていただきます。

祿存司祿楽しかったです!
明らかに龍玉の回と違いましたね、地に足のついた話題ばっかりだった気がします。

当初土に突っ込み入れる木のつもりでいましたが、意外に自分の祿存が効いていて「なんかスゲーわかるぅ」で終わってしまいました(笑)自覚薄かったですが祿存ちゃんとあったんだなと。

あと、石門は「人は人だし何でもいんじゃね?」なトコがあるので八雲さんの貫索突っ込みキレがあるなあといたく感心しておりました。(ご本人にもお伝えしましたが、発言が私の姉そっくりで驚きましたです。これが貫索天禄なのね、ブレなさが羨ましい)

司祿の宝積さんもステキでしたね☆
どの星も良いとこ悪いとこあるけれど、土がモテる(羨ましがられる)理由がよく解りました。愛も財も受け入れ力も、欲しいですもん。(私は南に祿存あるからそうなりたいんだな~)でも、過多になると鬱陶しいというのもよくわかるw

Kさんは、すっかりご自身の中の禄存星要素が刺激されて、「わかるわかる〜♪」になったようです。さすが、禄存司禄の魅力引力本能の威力は凄まじいですね。Kさんもまた、生まれ持った人たらし力、魅力を存分に発揮して、これからますますパワフルな活躍をなさっていくことでしょう。たのしみですな。

でもって、今回が「地に足がついた話題」ばっかりというのは、まぁ自然な成り行きですね。なんといっても「禄存星・司禄星」ですから、いかに豊かさと確実さを求めるかが最重要の課題です。人間が生きる意味や遥かなる理想を語るのは、他の星の回にお任せしましょう〜(笑

(つづく)

「禄存星・司禄星」レポ 第1弾 →★
「禄存星・司禄星」レポ 第2弾 →★
「禄存星・司禄星」レポ 第3弾
Interlude 〜間奏〜「禄存星・司禄星」の巻 →★
「禄存星・司禄星」レポ 第4弾 →★
「禄存星・司禄星」レポ 第5弾 →★


おまけ。「人たらし力」の研究

20130425110835今回の冒頭には「誰もが知ってるレベルのメジャーな有名人になるには、禄存星か司禄星を生まれつきの命式に持つ人が有利。特に、禄存司禄+貫索石門の相剋の組み合わせがあることが望ましい」というわたしの仮説&研究結果をみなさまにチラ見せ&お話ししました。ちらりとノートを眺めますと…

中心星として禄存・司禄+貫索・石門を持ってる人だけでも…吉永小百合、小泉今日子、浜崎あゆみ、ビートたけし、明石家さんま、島田紳助、松任谷由実、マドンナ、レディガガ、小室哲哉、吉本ばなな、萩本欽一、長渕剛、井上陽水などなど…みんな濃厚な命式ばかりです。

ふとおもいます。鳳閣・調舒がなくたって表現者になれる。龍高・玉堂がなくたって詞や文書を書いてたくさんの人の心に届けることができる。それなら、そもそも主星で適職を決めることはできるのか?と。

(いやーーー胸焼けしそうw でも、まだまだもっともっとたくさんの人を調べ尽くしたい!)

※ まだまだごく一部でしかありませんが、データベース化を試みています。
『算命学 命式データベース』 禄存星 →★ 司禄星 →★

やっぱりなんといっても芸能界は人気勝負。とにかく理屈じゃなく、人に愛されたり、引き立てられたり、いろんな理不尽があってもぐっとこらえて、清濁合わせのみ、多くの人の心を惹きつけて、多くの人の情感に触れて、みなさんのお財布を開いてもらって、大きなお金や欲が渦巻く中に立ち続けるためには、禄存星・司禄星の力が最強だよね!とわたしは考えます。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加