2018/03/16「他の仕事じゃ生きていけないから」

突然ですが、先日回ってきた記事が素晴らしかったです。「想像を超えた「仕事論」の数々。倉持由香は間違いなく、売れるべくして売れた」→★ (他サイトへのリンクです)超!理知的で戦略的なグラビアアイドルの仕事術が余すことなく語られています。コンプレックス(お尻が大きい)を逆手にとって「お尻がチャームポイント」という個性と強みに変える、絶対に諦めない、「自分の考え」で売れなかったら客観的な意見をくれる人の言うことは聞く、知名度とファンのピラミッド構造などなど、ものすごく勉強になります。セルフプロデュースで自営仕事をしているわたしたちにとっては、お宝ざくざくの超!お役立ち記事です。オススメ!

ミズマチ先生がさっそく調べてくださったところによると「まごうことなき蠍だろうと思ったら、期待を裏切らない蠍でワロタwww 蠍新月生まれ、火星合、冥王星も蠍。固定宮は焦らず遅咲きでもいいよね」→★ とのこと。倉持さんは、蠍成分が強いんですね。なるほど納得。さらに東洋でみると、庚生まれで周りが土だらけ。つまり龍高星がたくさん、という超個性派命式です。確かに変わってます。変わった人は変わった環境で変わった活動をすると良い、というセオリーそのまんまです。ものすごく理屈っぽくて冒険心に溢れていて、まさに土に潜って羽化の時を虎視眈々と待つような図でした。(倉持さんの命式解読記事は、後日自分のブログにUPします)

そして、私自身がいちばん「そうそう!!!」と机を叩いて共感したのはここでした。「私、社会不適合者なんですよ(笑)。”毎日決まった時間に同じ場所に行く” っていうのができないんです。他の仕事じゃ生きていけないから、”この仕事で絶対売れるしかない!”っていうハングリー精神があるだけで」わ・か・る!しみじみと、初心を思い出しました。そうだった。自分は「どこにも勤めたくない」一心でなんとか生き延びる方法を探っていたんでした。そうだった。(決まった職場にちゃんと通えるって、ちゃんとした才能です。環境に合わせて従うことができるのは才能です。うらやましい。わたしはそれが全くできなかったんです)

わたしは25歳のときに「ババアになってもひとりで食っていける技術を、10年後までに手に入れるんだ」と心に誓って、周りにも公言していました。まわりはみんな「はぁ?頭大丈夫?」という冷たい目で遠巻きに見ていた気がします。そんなことはどーでもよかった。そんなのかんけーねー。そのときの誓いは、だいたい叶ったようにおもいます。できるだけの努力はしましたし、いろんなものを捨てましたし、へっぽこすぎて辛くて止めたいとおもうことばかりでしたが、望みはたぶんだいたい叶った。自分の技術を提供することで、報酬をいただける立場になれたのは、たいへんありがたいことです。

しかしながら、いまさら冷静に振り返ると、このときの条件「ババアになっても」「ひとりで食っていける」だと、「若いうちから短期間に大金を稼ぐ」ことはできないし、「自分ひとり以上の食い扶持を稼ぐこと」も難しかったですね。うむむ…残念。まだまだ考えが足りず、浅はかでした。もうちょっと大きい野望を抱いておくべきだった…といまさらながらに反省しているのですが、いまさらジローです。しかし心身の健康はお金で買えませんし、はっきりいってあすどうなるかだってわからない。それはいつもおなじ。だから次なる目標は「無事に元気で口うるさいガンコババア」になることです。

わたしは自分の仕事を「心と体のお掃除人」だと思っているので、自分の周りの世界だけであっても、みなさまが物心含めてできるだけちゃんとお掃除していく一助となれればとおもいます。それで報酬をいただけて生きていけるなら万々歳でございます。これがわたしの目の前の The現実。(天海玉紀)

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加