タロットカードと絵でわかるサビアンシンボル展 @横浜

きょうは午後から横浜遠征♪ とっても素敵な展覧会にお邪魔してまいりました!

「タロットカードと絵でわかるサビアンシンボル展」→★
吉田結妃(ゆき)、星瑚(せいこ)、高橋きよみ
2017/6/7(水)〜 6/18 (日)横浜 岩崎ミュージアム 9:40〜18:00(入場は17:30迄)

港の見える丘公園の交差点からすぐの岩崎ミュージアムにて開催されています。(公園のお庭は、バラのピークが過ぎたいま、百合が満開!素晴らしいのでぜひあわせていっしょに☆)

「サビアンシンボルってなに?」というあなたはぜひ、まずこちらのサイトから♪

Images of Sabian Symbols
〜あなたのサビアンシンボル10個が絵ですぐわかるサイトです

たとえば、わたしのネイタルチャートから出てくるサビアンシンボルの絵はこんなかんじ☆

それぞれのサビアンシンボルの詩文が、吉田さんの描き出す(というかもともとはハンコ版画なのですよ!)生き生きとした人物や動物、深遠なシンボリックな意味を直感的にわかりやすく親しみやすい絵柄に表されています。

この実物を全部シリーズでいっぺんに拝見できるのが、今回のこの展覧会です。一枚一枚は決して大きくないのですが、動き出しそうな、迫ってくるような、すごい迫力!!!

デジタルで着色なさったというカラー版は、ちょっとノスタルジックな雰囲気の色合いがとても素敵です。人物も動物や鳥や魚はもちろん、木々や山車やカップのような非生物まで、すみずみまで吉田さんの愛があふれています。モノクロ版は、まさにど迫力!カラー版は楽しく美しいのに対して、モノクロ版は一枚一枚のメッセージと個性が強烈に飛び出して迫ってくるかんじがします。

サビアンのことをちょっとでもご存知なら、ますます味わい深く鑑賞できますし、はじめてサビアンのことを知る方も、12サインの意味合いをより深く理解するきっかけになるのではないでしょうか。ネットで見るより実物は何十倍も素晴らしいので、ぜひぜひみなさまもこの感動を味わってみてください^^

石塚隆一先生 →★ kei先生、札幌の羽妙(うたえ)先生、吉田先生、カフェ珠真堂の*あーゆるのん先生、お目にかかれてとても嬉しく楽しいひとときでした。

ネット上でお顔やお名前は存じ上げていても、ほぼ初めてお目にかかるのであっても、占いという共通言語があれば、すぐにきゃっきゃうふふと、心おきなくいろんなお話ができるのがほんとうにありがたくうれしかったです。素敵な時間、本当にありがとうございました。

こちらは、会場で1件100円で押していただけるスタンプです。吉田さんの土星(牡牛30°)の孔雀がカッコよかったので、これをいただいてまいりました。

さらに、自分の生まれつきの10天体のサビアン絵(カラー)を別途カードにプリントしていただけるサービスもありましたので(1800円)こちらもお願いしてまいりました。たのしみです〜♪

なんと、吉田さんとわたしは生年月日が2日違い!と伺ってびっくりしました。そうです。ふたりのピースは「ふたごの2」でございますよ。うふふふふ♪

ふたりとも同じふたご太陽生まれですが、吉田さんは土星が牡牛で月が牡羊、わたしは土星が双子で月が牡牛。微妙な違いのようですが、土星の違いは結構大きいのでは!?なーんて話に花が咲きました♪

以前とある講座でお隣に座ったことがあり「カッコいい人だなぁ〜♪」と思っていましたら、そのとき吉田さんはわたしのことを「隣の人はずいぶんパワフルな絵を書く人だなぁ〜!」と思っていたそうです(笑

ひょんなところから、いろんなところからご縁がつながって、広がっていくのは本当に楽しくありがたいことですね^^

「タロットカードと絵でわかるサビアンシンボル展」→★
吉田結妃(ゆき)、星瑚(せいこ)、高橋きよみ
2017/6/7(水)〜 6/18 (日)横浜 岩崎ミュージアム
9:40〜18:00(入場は17:30迄)

素晴らしいロケーションの素敵なミュージアムで楽しむサビアン展、18日まで開催されていますので、ぜひぜひみなさまもリアルなサビアンアートとタロットアート、ご覧になってみてください☆

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加