4/29 新人ちゃん祭り「不思議手相」レポ

ウラナイトナカイでの2017GW「新人ちゃん祭り」、閉店間際にお邪魔してまいりました。新人といえども、単にウラナイトナカイには初見参というだけで、他所でご活躍中の先生方も多く、お客様もたくさんお越しくださって大盛況のイベントだったそうです。すばらしす^^

そんななか、入り口すぐのブースにいらっしゃった、手相観の観心先生に手相を見ていただきました。なかむらかえる先生 →★ つながりで、「不思議手相」→★ との前評判をお聞きしておりましたので、わくわくどきどきで席に座りました♪

手の線だけでなく、指の形や質感のお話をなさってくださったのが、とても興味ふかくおもしろく共感たくさんでありました。(わたしもいちおう手相観るのですが、線よりも全体の形とか質感のほうが気になるタイプ)

私の手は両手とも小指がたいへん短くて大きく曲がっています。手相観の先生方にはいろいろ言われるのですが、観心先生からは「自己評価が低い」とのお言葉をいただきました。うわーーー。「おれはまだ本気出してないだけ」って一生胸に抱いて生きていくのですな。ぐさーーーwww

そして後半にはお待ちかねの(?!)不思議リーディング。(ってか、プレッシャーかけたみたいでゴメンなさい!だってとっても楽しみだったんだもん♪)

観心先生は「これまでにペットは?」と尋ねられるので、「はい。昔から周りに常になんかしらの動物はいますけど…」とお答えしました。すると、「あの…こんなこと言うとおかしいかもしれませんが…なんだか、亀のイメージが…」とおっしゃるのです。

うおおおーーー。叫んだ。わたし。「亀」だよ。「亀」!!!大正解っ。うん。観心先生、すごい☆(うしろにいらした杏子先生とミズマチ先生も証人です。すごいリーディング精度!)

わたしが溺愛していたペットのリクガメくん。在りし日の姿はこれ^^

長い間ずっと大事に飼っていたのですが、日光浴させているあいだにうっかり熱中症にさせてしまって、死んでしまいました。でもどうやら「だいじょうぶ。あなたのせいじゃないから気にしないように」とリクガメくんは言ってますよ、と観心先生がおっしゃるのです。なんと。。。

観心の手のひら→★

手相を見てもらって、まさかリクガメくんのことを思い出すことになるとは夢にも思いませんでしたが、おかげさまで充実した時間でした。観心先生、ありがとうございました!


というわけで、手のひらの「亀」からわたしが何を思い出したかをまとめてみました。

2014年の夏、どろっと濃厚な記録が過去ブログに残っていましたので、そこから編集して再録してあります。おヒマな方だけどうぞー。

《再録》2014年の夏・吊られた男(R) の顛末

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加