4/12, 4/21, 4/24「もっと知りたい算命学」

2016-03-26-ten-chi-jin

「もっと知りたい算命学」

「算命学」に興味があるし、学んでみたいけど、なんだかとても大変そう…と感じる方は少なくないでしょう。「算命学」って、いったいなにをどのくらい勉強するの?そんな素朴な疑問にお答えします。

まずはご案内と学習相談会を兼ねて、算命学の膨大な全貌はいったいどうなっているのかという全体像のご紹介や、歴史的な背景などお話しします。少人数開催ですので、学習相談会も兼ねて、ご質問タイムも多めに設けます。

4/12(火)11:00〜12:30(定員8名/満席)←終了
4/21(木)19:30〜21:00(定員8名/満席)
4/24(日)16:00〜17:30(定員6名/満席

※ 90分。すべて同じ内容ですので、ご都合の良い回をお選びください。

場所:トナカイノニカイ(南阿佐ケ谷ウラナイトナカイ2F)→★
料金:2000円

※ お申込み・お問い合わせ →★

なんとなく興味があるから学んでみたい、とか、自分や周りの人を知りたい、という目的ももちろん大歓迎です。プロ志望の方は、その上にさらに学んで実践の経験を積みたい、というご相談ももちろん大歓迎です。


fushimi-jakuchu

< 概要 >

なにをどのくらい勉強すればいいのか?全体像を知るところからはじめましょう。

「陰占」とは?
「陽占」とは?
「十大主星」とは?
「十二大従星」とは?
「大運とか流年」ってなに?
「天中殺」って?
「守護神」って?
プロとして鑑定をしたいなら?
まずは自分や家族のことを知りたいなら?

といったさまざまな疑問にお答えします。今後展開する予定の「天地人算命学」の展望についても合わせてお話しします。

※ お申込み・お問い合わせ →★

ここまで「陰陽五行シリーズ」や「十大主星シリーズ」に通ってくださったみなさまはもちろん大歓迎ですし、初めてでもご興味のある方はどうぞお気軽にご参加下さい。お待ちしております。


トップ画像の花文字「天地人」は、花文字作家の椿リコさん →★ に描いていただきました。ありがとうございます!鮮やかで華やかな花文字と、すっくとまっすぐ伸びた竹が、この先の展望を明るく約束してくれるようです。嬉しいですね。

今後は「花文字」&「天地人算命学」とのコラボ企画なども実現するといいな〜♪と夢見ております。さまざまな展開があるといいな。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加