2016年の講座初め

2016-01-15-1654きょうはこれから、2016年の講座初め。

午前中は翡翠先生とのコラボ「あなたの2016年開運指南」→★ & 午後からは「暦と十二支でよむ運気予報」(2/11に同じ内容で再開催しますのでこちらをご検討ください!→★) のダブルヘッダーでございます。

お申し込みくださったみなさま、ご検討くださったみなさま、ありがとうございました。のちほどお目にかかれるのを楽しみにしております!

いまさらのお知らせですが、午前の部は、あと1席残っています。まだ間に合う、ドタキャンならぬドタ参希望!の方は、開始時間の10時までにトナカイにいらしてみてください。(10時以降は施錠しますのでご了承ください。もしも遅刻の方はお店にお電話くださいね)のこりものには福がある☆

すでにご覧下さったみなさまはご存知と思いますが、昨年末からご提供している「算命学年運鑑定」のシートと、「インナーチャイルドカードモニターメニュー」のシートは、びっしり手書きデータ満載でお渡ししています。おかげさまで、あっ!というまにボールペンのインクが一本枯れました。黒インクでお渡しした方は第一弾。これ以降の方は青インクの第二弾になります。年運鑑定のご予約は月末で締め切ります。迷っていらっしゃる方はどうぞお早めに!

2016-01-17-0803なんとなく…むかしばなし。ワタクシ、昔からなにかを人に説明する、という場面がよくありました。アルバイト塾講師とか、家庭教師とか、さんざんさせていただきました。塾の教室に生徒が入りきらないもんだから、経営者に言われてわけわからんビルの廊下で授業?させられて、警備員さんに怒られるとか、あっ!と驚く場所で生徒に遭遇して「先生、なんかこの世の終わりみたいな顔してるけどだいじょうぶ?」と心配されたり、なんか色々あったような気がします。

はじめて占いのロジックをお話した機会は、いつだったっけ?たぶん2011年末だったようにおもいます。講座としては2012年ですね。最初は確か手相&ハンドマッサージについてだったような気がします。みなさまからのリクエストいただいて、マッサージ実技をお教えする、ということもありました。熱かった。楽しかった。無我夢中でした。なつかしい。

それから幾年。いろんなことがありました。おかげさまで、場所を変え、形を変え、お目にかかるみなさまが入れ替わりつつ、なんだかんだで、あれこれ続いています。たぶん「なにかを説明する」という機能がわたしに搭載されている限り、わたしはどこかで誰かになにかをお話しつづけるのでしょう。(双子の太陽水星が合です。最後のほうなんで、かなり老成してスレてる双子ですよ。チャラチャラしてるとぶった斬られまっせw)自分のことは、情報収集&取捨選択&説明マシンだとおもいます。これはすでに自分の願望とか意思じゃーないです。何かよくわかんないけど、そういう仕様で作られたから仕方ないね、という諦めみたいなかんじ。

まーわたしのことはどうでもよろしい。

きょうは干支の話がメインなので、おもいっきりデジタルで論理的なお話でございます。難しいことを難しく喋っても仕方ないので、極限までそぎ落として簡単にできれば!というのが私の野望です。

なにせ東洋分野のいい点は、きっちりばしっと覚えれば、そのままばしっと使える!ところ。ふわっとした印象や気持ちをメインに扱う分野とは用途や目的がちがいます。ここのところ、インナーチャイルドカードのセッションが多かったので、ちと脳の使ってる場所がちがいました。

きょうは、びしっと!ばしっと!すっきり解説!脳を起動させて、わかった!の快感をみなさまに味わっていただけるように、精進いたしますっ。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加