《再録》二つの誕生日

<2011年2月7日記> →★

先日拝見した女性の手は、とても個性的でした。

左手(先天的要素/内面世界)は、とても長ーい知能線が手首に向かって下がっているのがとても特徴的。知能線の長さは、その人が考える時間の長さ、とも言われます。短ければ、きっぱりと即断即決型。長ければ、あれこれといろいろと考え抜く思索型。直線的なら、そのとおりまっすぐな考え方。カーブしていれば、柔軟な考え方。知能線の形は、そのままその人の考え方のスタイルを示します。

確かに、彼女は慎重すぎるほどに思慮深い方であるようにお見受けします。ついつい考えすぎてしまって苦しくなる、とご自分でもおっしゃっていました。

しかし、右手はくっきりはっきり!とても見事なじゃじゃ馬さんの手でした。生命線と知能線の起点は、たぶん1cm近く離れているでしょう。あれこれ考える前に、ぱっ!と行動する。これがこの手の人たちの特徴です。

こうお尋ねしてみました。

「思いっきりチャレンジしたりなんかしないんでしょうか?たまには?」
「憧れます。そういうのに。」

あらま。

「憧れる?そう?ご自分の中にすでにそういう面がおありなのでは?」
「えええーーー???」
どうやらご自分ではまったくピンと来ないとおっしゃいます。

さて。どうしようかな。お誕生日を伺って、出生時のチャートを拝見させて頂きました。すると、戸籍上のお誕生日と、実際のお誕生日が違う、とのこと。なるほど。ときどきありますね。そういうケースが。2つのお誕生日でのチャートをそれぞれ出してみました。

ひとつめ。戸籍上のお誕生日のチャート。とてもとても責任感が強く、慎重で真面目な雰囲気が溢れています。(太陽土星の合が目立ちます。他もトラインとセクスタイルのみ)

お話を伺っていると、これまでの彼女は実直で安定した人としてずっと過ごしてきたそうで、それはおそらくこのチャートから読み取れる雰囲気と一致するようです。

※ 戸籍上とはいえ、長く誕生日として使っているとその資質は、だんだんその人のものになってくると聞きます。本来の誕生日不明のケースだってありますからね。

ふたつめ。実際のお誕生日のチャート。とてもとてもダイナミックで挑戦あるのみ!みたいな雰囲気です。(活動宮の太陽、木星、火星のTスクエアがばばーんと目立ちます)おおー!派手。むっちゃカッコいいなぁ~~~。と歓声をあげる私 (ハード好み)

先に手を拝見していたから、きっと全然正反対の違った要素が彼女の中にはあるだろうと予測していたものの、ちょっと驚きました。

戸籍の誕生日は、親御さんがよかれと思って変更したものだそうです。そして、その日の特徴はずっと長く彼女の性格に反映されていたけど、おそらく本来の彼女の性格は、本当の誕生日のチャートに表れているチャレンジングな性質なのでしょう。

手を先に見ていたから、迷いなくこう思いました。どっちも彼女。全然正反対の要素が、お一人の中に見事に存在してる。


「いかがでしょう?これまでどおりに、真面目で慎重な私。本来だったらそうであっただろうやんちゃでダイナミックな私。どちらを生きられてもいいと思うんです。どっちもご自身の中にあるんだから。両方をスイッチで切り替えたっていいんだし。慣れますよ。大変だと感じるかもしれないけど、まったく違った要素を自分の意志で選べる、ってのはある意味、羨ましいような気もしますよ。私は」

そんなふうにお話ししました。なんだかちょっと不思議ですね。とても個性的でステキな手とチャート、見せて下さったこと感謝しています。

慣れるまではちょっと不安で、大変なこともあるかもしれないけど、新しい決断とチャレンジが、必ずや勢い良くより明るく楽しい方向へと進んで行くであろうこと、陰ながら応援しています!

… と、ここまでの下書き↑ をお送りしたら、こんなご返信を頂きました。
さっそくありがとうございました。

> もうひとりの自分が私の「こうありたい」姿であったことに
> 驚きと深い喜びを覚えました。
> 頭でっかちに考えすぎて生真面目、臆病な自分だけでなく、
> ダイナミックでじゃじゃ馬な自分で生きてみようかと、
> 今朝起きた時に心が変化していることに気付きました。

わおー!素敵。新しい挑戦が、力強く進みますことを心よりお祈りします!

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加