土星特化メニュー「カルミックインプリント」@甘夏弦先生 レポ

甘夏弦先生の新企画「カルミックインプリント」→★  メニューのモニターセッションを受けてきました。

カルミックインプリントモニターセッション(甘夏弦さん)→★

え?カルミック?インプリント?ってなに?と、頭の中にたくさん???が出ている方が少なくないかもしれませんが、インナーチャイルドカードを造ったイーシャ・ラーナー先生による西洋占星術のメソッドで、要するに「土星」のお話です。

ふわっ?!土星?!ってことは、つまり、お気づきの方も多いと思いますが、占星術の「土星」は自分の苦手意識や義務、社会の規範や道徳を表しています。日々繰り返す日常の礎が土星。つまり、あまり、というかかなり「おもしろくない」「重い」テーマに向き合うセッションなんですが、それはある意味「心のストレッチ」「心の指圧(それもイタ気持ちいい系の)」とも言えます。世間様の常識や規範をがっちり内面化していたり、長年の思い込みや恐れで心がカチコチになってしまっている人たちにはぜひぜひ必須のセッションでございます。

わたしの土星は、双子サインのアタマにあります。教科書的に読めば、双子サイン的な旺盛な好奇心や冒険心、知性の開拓といったことに恐れを感じたり、苦手意識を持ちやすい、と言えるでしょう。しかーし、わたしは同じく双子には金星(喜びや楽しみ)、水星(コミュニケーション、伝達力や理解力)、太陽(人生の目的)もあるせいか、わたしはその手の課題をあまり大変だと感じたことはありません。むしろおもしろがっているし、知性の筋トレは大好きです。さらに、土星の対抗側に、海王星と木星もあるので、わたしの土星は結構へなちょこ、と思っています。

でも、やっぱり「土星」はあるのよね。ということが、今回のセッションを受けてとてもよくわかりました。「×××ねばならぬ」「×××でなければ腹立たしい」「×××でなければ意味がない」そう。わたしこういう規範意識は結構強く持っています。はい。

恥をおそれずに公開しますと、例えばこんなかんじですね。

「努力して賢くならなければ(バカのままでは)生きていけない」「生まれたそのまんま、ではダメ」←これはわたしの子供のころからのサバイバル戦略。自分にはとりえがない。だったら努力してなんとかなる分野でバカにされない力をつけようとおもってました。いまもそれは変わらずそうです。自分は永遠にバカだと思ってるので、努力に終わりはない。知性ないならニンゲンである意味なし、くらいの過激さに走ることもあります。(やだー!これそのまんま双子土星じゃんw)

「特に努力するわけでなくても、もともといろいろ恵まれててラッキーで、あんまりいろいろたくさん考えたことがないし、スムーズに生きてます」というテーマに、なんともいえずにムカつきます。(こんなこと表で書いていいのか?!あ、でもいちおう、これが危険思想だという自覚はもってますし、外では言いません。ここ以外ではな!)

もともとものすごく恵まれたお生まれの人たちが周りに多かったせいか、人生は不平等で個人の格差は増大する一方だと、小さいころからずっとそういう気持ちが心にあります。しかしながら、外見は華やかで何の不自由もないように見える人たちも、中身はいろいろとてつもなく大変なことが詰まっていたりすることを、大人になると知るんですね。それもあって、お花畑的幸せイメージを、昔ほど激烈に嫌とは思わないけれど、でもやっぱり破壊的感性は自分の中に今も確かにある。

うーん。我ながらこれはかなーりイヤなやつですね。「依存×ね」「やる気のない奴は去れ!以上」ってかんじ。はい。このエラソーな押し付けがましさとか道徳臭は、土星ならではのウザさ満開でございます。といっても、誰にでも、この押し付けがましい重くて暗くてつまんない「土星」テイストは心のどこかにあるはずです。あなたの恐れや思い込みはなんでしょうか?

このセッションでは「自分の恐れはなにか?」というテーマを最初に聞かれました。最後にまたこの話に戻ってきたのですが、わたしの恐れは「この世はたいそう理不尽」これに尽きます。(それは、甘夏先生の誘導でやわらかーくご指摘いただくまで気がつけなかった!)

「こんな世界に生まれて来たくなかった。人生は理不尽。この世は理不尽。やだやだ」

どうやら、わたしの「土星(12ハウス双子)」は、心の奥底で常にこう言ってるらしいのです。いやはや、いよいよアラフィフにもなろうというのに、あいかわらず酷い厨二病でございますよ。うん。でもって「そもそもこの世は理不尽で、人生は理不尽だと思ってるから、人生に理不尽なことがたくさん起こる」のでしょう。やれやれ。やだやだ。

なーんてお話にとどまらず、あれやこれやとお外ではとてもじゃないけど書けないお話を何気なくすらすらすらーっと引き出してしまう甘夏先生の技はすごいですよ。はい。(ええ。他はちょっとお外ではとても書けないことだらけなんで、ここらへんにしておきます。あはは^^;;;)

自分の「土星」は変えることはできなくても、しかしながら「知る」ことの利点というのは、明らかにあります。知性は光。知性は暗闇を照らします。自分の恐れがどんな姿形をしているかを知ることで、得体の知れない何かに、むやみに恐れずに済みます。

「幽霊も正体見れば枯れ尾花」と言われるように、心の中のなんだかわからない、なにをしてくるかわからない得体の知れない存在として土星の影を飼っておくのではなく、既知のものとして自分の恐れのことを知っていれば、なにかあったときにもああ、また例の奴か、と対応できるようになってきます。

カルミックインプリントモニターセッション(甘夏弦さん)→★

「土星」が司るテーマは、たいていはあまり自分では見たくないこと、認識したくないことである場合がほとんどです。たいへん難しくデリケートな領域ではありますが、甘夏先生がそのあたりは歴戦のインナーチャイルドカードセッション仕込みの自然な傾聴と誘導で、その方それぞれの「土星」のテーマに向かい合ってくださいます。甘夏先生の鑑定会は、8/27(日)11:00-16:30 @ウラナイトナカイ にて開催されます。それ以外の日は不定期にカフェ鑑定の設定がありますので、ぜひお問い合わせなさってみてください。

すでに「自分の土星問題は解決しているけど、振り返りのために」という方はもちろん、土星問題を積み残したまま大人になってしまった方も、時間をかけて丁寧に向き合っていくチャンスになるはずです。

わたしは「わかろうとしない」状態が大嫌いです。昔は「わからない」ことも嫌いでしたが、「わからない」ことの意味や効能もだんだんわかるようになってきました。しかしシンプルに「わからない」ことと、「わかろうとしない」「わかりたくもない」「知りたくもない」ということとは明らかに別で、そういう「無知!」傾向にはやっぱり耐え難いといま書いててわかりました。つくづくめんどくさいな。はい。土星の話ですから(笑

わたしが西洋占星術を学ぶ入り口になったのはこの本「サターン/土星の心理占星術」でした。(中古でもだいぶ高価になっちゃってますね…)お勉強中の方、ご興味お持ちの方で機会があればぜひぜひ。


もうちょっと具体的に身近な例で勉強したいかたにはこちらがおススメ!「運命が変わる土星占い(まついなつき)」


<<<追記>>> 甘夏先生からのコメント記事もいただきました。ありがとうございます!

さらーっと優しくまとめてくださってますが、最後まで来てギョギョギョ!!!

そして最後のまとめが、なんとも言えませんね。「自分は永遠にバカ」なーんて言いながら「知性は光」と言う。
自分の土星を変えようとしても、逃げられません。それは自分から逃げることになります。すると、そういう環境がやって来るだけですよ。

ぎえーーーー。や・ら・れ・た!!!www

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加