02/03 ウラナイトナカイ出演情報

2017年2月3日(金)
南阿佐ヶ谷 ウラナイ・トナカイに座っています。 ⇒★

鑑定ご予約空き状況(2/3 13:00現在)
17:00〜 18:30〜 19:30〜

18:30までの早い時間帯が空いています。来週以降のご予約も受付中!

インフルエンザなど、ウイルス性の疾患が大流行中につき、ご予約のご変更も多々発生しております。罹ってしまったら、もう休養あるのみ!どうぞみなさまお大事になさってください。

2017年の年運鑑定ご案内 →★ (2/4締切)

年運鑑定メニューは4日で締め切ります。(ご予約日は2月中でOK)

来週以降の空きもいっぱいありますが →★ ここのところ直前のご予約で埋まることがほとんどなので、ゆっくりお話したい方はぜひお早目にご予約くださいませ。お待ちしております。

ご予約お申込みフォーム  ⇒★
03-3220-9477(ウラナイトナカイ)

対面鑑定メニューご案内 →★



3日は節分。4日は立春。

西洋占星術を嗜む方々からみれば「太陽が水瓶の15度を通過するときを1年のスタートとみなすとは、いったいこれいかに?」と、不思議に思われるかもしれません。

暦を作成する際の重要な起点でもあった冬至が1年のスタートというほうが、まだ理解しやすいかもです。

立春は「木気=春のスタート地点」です。

この場合の「春」とは気温のことではないです。寒さはまだまだ続いていますが、日が暮れる時間はだんだん遅くなって、日が長くなってきました。このころにまだまだ冷たい地中から思い切って勢いよく芽が出てくる、発芽する植物の生命力や勢い、といった現象を象徴するのが、木気のはじまる「立春」なのです。

五行は、木→火→土→金→水、と流れていく法則、という決まりになっています。そして、この五行はあらゆるものに配当されます。最重要項目としては、季節と方角。これはぜひ覚えておいてください。必ず役立ちます。

木=春&東
火=夏&南
土=季節の終わりで年四回の土用&中央
金=秋&西
水=冬&北

ということで、いよいよ本格的に「丁酉」年が稼働し始めます。のっけから「壬寅」月ということは、きっとなかなかひとすじなわではいかない波乱に満ちたスタートになることと想像しています。つづきはまたあした。(のはず!)

「丁酉(ひのととり)」2017年予測ちらりと(2016/11/25記)

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加