2015/03/31 ええじゃないか♪

火曜日トナカイの相棒maruさん、セレブなお茶席に参加なさったそうですね。→★ いろいろ新しい発見や刺激を受けてきたことでしょう。うらやましす!そうやってふだん行かないところに行って、いつもと違う人たちに会ったり、良いとはわかっていても自分だけならきっと選ばないようなものごとに触れて新しい風に触れるのは、開運セオリーの基本でしょう。

ただし、なんでもかんでも新しくすればいいってわけではない。根本的な方針を変えるとき、変えないときの見極めは重要です。昔のボス →★ が、こう言ってました。「調子のいい時は、それまでのやり方を守る。流れを保つ。イマイチのときは、やり方を見直す。流れを変える」と。いまの状態を変えたい方にとっては、春は始まりの勢いに溢れたチャンスのときかもしれません。

私は2013年の和太鼓合宿に思い切って参加したあたりから、ごろごろとゆっくりと運が動きはじめました。気がつけば、昨年は阿波おどり、今年はなんと日本伝統の篠笛演奏にチャレンジすることになりました。ええっ?それってどうなの?もっと突き詰めて真剣に占い修行したり、もっとお金になることやれよ!って?ですよねー。おっしゃるとおりです。

でもまぁ、ええじゃないか。目先の損得だけ追いかけ続けるのは息苦しい。無償労働も、なにになるかわかんない寄り道も、たまにはええじゃないか。ただ単純にたのしむこと、参加することに意義があるって体験も、たまにはええじゃないか。自分の枠をときどき壊して脱皮しないと、その先の進化もバージョンアップもアリエナイ。ええじゃないか。言い訳百万回しながらただ見てるより、ヘタクソでも構わない。いっしょに踊っちゃったほうが楽しくって実りあること、出会えること、世の中にはたくさんあるはず。(天海玉紀)