2017/12/15 射手土星閣下へのお手紙

寒い日が続きますね。煌びやかなイルミネーションが街を彩り、星空が美しい季節となりました。

この2-3年のあいだ、いつもあなたのことが心の中にありました。忘れようとしてもどうしても忘れられなくて、いつもどこかで必ずあなたのことを気にしていました。あなたなしでもわたしはだいじょうぶ、あなたなしでもじゅうぶんに楽しく元気に生きていけると何度も自分に言い聞かせても、どうしても心の中からあなたの姿が消えることはなく、心の中のあなたと離れることができませんでした。でも、そうやっていつも影のようにそこにいたあなたも、いよいよ来週去って行くのですね。

中野ブロードウェイの4Fにあった「中野トナカイ」が、ここ南阿佐ヶ谷に引っ越して「ウラナイトナカイ」になって2年と数ヶ月になります。ちょうどあのころ、2015年の9月にあなたは射手座にやってきた。双子座にたくさんの天体をもつわたしにとって、射手ゾーンは真向かいの6ハウスです。6ハウスのテーマは自己研鑽、勤勉なる労働や健康管理に取り組む場です。働き方についての大いなる課題をたくさん携えてあなたはやってきた。あのころ、ウラナイトナカイに引っ越してきた当初のまったく先の見えない不安をいまでもよく覚えています。果たしてこの新しいお店にお客様は来て下さるだろうのか?お店はどうなっていくんだろう?どうやったら自分はこの仕事を長く続けられるだろう?わからないことばかりでした。それからはすべてが手探りで、すべてが挑戦で、すべてが冒険でした。

この2年間で、それまでといちばん大きく変わったことがあります。お店がここ南阿佐ヶ谷に移ってから、わたしは信じられなくらい、ほんとうにたくさんの「教える」機会に恵まれました。たくさんの方にお目にかかり、さまざまな立場の方々の出来事や思いを聞かせていただく機会が増えました。ありがたくもとにかく忙しくて忙しくて忙しい2年間でした。それまで全然なかったのに、ここ1年間で猛烈に白髪が増えました。同時に心もカラダもどんどん疲弊してすりきれていって、ひとつひとつ目の前のボールを打ち返していくのが精一杯でした。

そんな中でしたが、いま自分が伝えるべきことはなにか?お客様の求めに応えられているのか?社会は何を求めているのか?時流は?わくわくしているか?そうした楽しさ面白さだけに走らず、本質的な部分も合わせて提供出来ているか?毎回毎回の講座も鑑定も、どこか遠くから試されているような、試験やオーディション(受けたことないですが…)のように感じていました。

振り返れば、まだまだもっともっとやれた気もするけれど、できることはぜんぶやってきたつもりです。できるかぎりのことはやったといえるから、わたしはだいじょうぶ。次行こう次。ようやく、ここ数日になって、そう思えるようになりました。まだまだ旅は続くけど、旅人としてのレベルとスキルは少し上がったかもしれない。ようやく、少しだけそう思えるようになりました。

射手土星閣下、ずいぶんと過酷で、ワイルドな冒険だらけの3年間をありがとうございました。いろんなことがありすぎて、記憶があんまり定かではないし、常に全速力で走り続けておもしろかったような気はするけれど、わたしはちょっとくたびれた。代わりに心の筋肉と瞬発力はだいぶ鍛えられた気がします。

閣下、来週にはもう故郷の山羊座にお帰りになられるんですね。どこぞの文化人とか映画監督とかアーティストみたいな風貌から、来週にはきちっとパリッとした品のいいコンサバなスーツに着替えて、労務管理とか法令遵守とか組織とか伝統とか効率とか利益がどーのこーのとか、表情ひとつも変えずに言い出すんでしょう?知ってる。まだまだお世話になります。これからもどうぞますますのご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。閣下におかれましても、ますますのご健勝をお祈りいたします。冷えは万病の元ですから、くれぐれもおからだとまわりを冷やしすぎませぬよう。

みなさまにとっての射手土星時代はいかがでしたか。射手土星時代のフィナーレは、いよいよ来週。星の配置は大きな潮目の切り替わりどきです。12月18日15:30 射手の最後で新月からの、12月20日13:49 土星は山羊に入ります。(天海玉紀)
対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加