1/8「陰陽五行で命式を描く研究会」御礼&レポ

2017年のわたしにとってのトナカイノニカイ初めは「陰陽五行で命式を描く研究会」でございました。お描き初めにふさわしい、濃密濃厚な時間となりました。それぞれにお忙しい中、嬉々としてご参加くださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。

この企画は、ミズマチ先生のひとことから始まりました。ミズマチ先生の命式は、風光明媚な豊かな大地のような雰囲気にあふれています。ただし、日本的な花鳥風月の美しさというよりは、もっと骨太でおおらかでワイルドな大地で、まるで「ハワイのキラウエア火山みたいな」と以前申し上げたことがきっかけになりました。

「火星で発芽、木星で育成」ミズマチユミコさん →★

実際の絵も、カラフルでにぎやかで動きがあって、いったいこれから何が始まるんだろう!?とわくわくと期待にあふれたムードでした。ありがとうございました☆

そしてこちらは、毎度おなじみ愛知から飛んできてくださった八雲あかねさんのご感想。

生まれながらのネイタル図だけではなく、大運の要素も加味してみよう、と今回はご提案しました。(人生には季節の移り変わりがあって、寒い季節の生まれの人なら年齢を重ねると暑い季節が巡ってくるし、暑い季節の生まれの人なら寒い季節が巡ってきます)

「陰陽五行でお絵描き研究会」八雲あかねさん →★

寒い雨としてお生まれになったあかねさんも、人生の季節が巡り巡って、いまは真夏を迎えるところです。お描きになられた風景で、雲の切れ間から太陽の光が差してくる光景は、なんともいえず神々しかったです。ありがとうございました!

紙芝居みたいに、いろんな場面をいろんな形で切り取ってくれた甘夏さん。可愛かった。これからがらっと季節が変わっていく過渡期なのでしょう。本当におっしゃるとおり、みんなのいろんな世界を垣間見たことは、この日のいちばんだいじなお宝でしたね。ありがとうございました^^

年末イベントでは、セキセイインコに化けて話題騒然!となった夏瀬杏子さん。この日の絵はじっくり手堅い安定感あふれる重厚なる「山」そのものでした。セキセイインコの格好をしていても「中身はいつものまじめでしっかりもののあんこさん」という雰囲気がよく伝わってきました。

「人と関わるということ」夏瀬杏子さん →★

美しい自然の風景を描くだけでなく、そこに生きてる人たちを自然に描き込んでらしたところに個性が出ている、とさすが鋭いみなさまからのご指摘はさすが〜!でした。ズバリでしたね。

それ以外にもそれぞれに個性的な絵(それぞれの心の風景ですよね)を描いてシェアしてくださったみなさまには、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

2017-01-10-23-04-39

< おまけ >

絵の上手い下手は関係ないよ〜というコンセプトだったので、恥を忍んでご参考までにお見せしましょう。みなさんが描いてる合間に、わたしがちらっと描いたのはこちら。

辛丙甲辛
卯子午亥

もともとのわたしの命式に、新しくやってきた大運「己亥」を加味したイメージです。

夜明け(卯)はあいまいな世界のはざま。あるのかないのかわからない。幻。たしかにお日さまは昇ってくるけど、たぷたぷの水の世界で空は雲がたくさん流れて、曇ってグレーとオレンジの空。太陽の力はまだ弱く。花は咲く。あちこちに。でも、地面ではなく水の上に。こんなところこの世にあるのかな?ありますよ。ボートで探検してみませんか?ご案内しますよ、ええ。いつでもいらっしゃいませ。と言ってる船のガイドが私。そんなかんじです。はい。

そんなわけで、ワタクシいよいよ、がらっと大運の五行も変わり、人生の季節も大きく曲がり角。今年から本格的に調舒星大運に突入します。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加