6/18 レポ其の4 「貫索星・石門星」の巻

前回のレポをご覧くださって&甘夏さんからのラブコールをうけて、生粋の石門星人・ミズマチ先生からのご感想が届いています。

ワロタ…www

こんど機会があったらぜひご体験ください^^
ちなみに「貫索・石門は”自分探し”なんかしない」という件については…

おもしろいっ。なーるーほーどー! 世の中には自分とは違ういろんな立場やいろんな考え方の人がいるよ、ってたくさん経験積んで、酸いも甘いも知り尽くした百戦錬磨の方だからこそおわかりのことがたくさんあって、今回もいっぱいみんなにお役立ちのリアルボイスを聞かせてくださったということがはっきり伝わってきます。

2015-01-05 14.13.01

さてさて。石門星とはちょっとちがう、貴重なる貫索星中心の方からのご感想もご紹介させていただきます。

今回は甘夏さんの反応に驚き、さらにブログも拝見してびっくり。
人の顔色を読むことがあまり頭にない自分にとって、人間関係や人の評価や反応中心で、さてお仕事は…?
という同僚が不思議で不思議でたまらなかったのですが、「他人のリアクションがないと死ぬ。」という素直な意見に腰抜けました。

天海さんからも印象返されましたがいつも面白く(まだ難しいのですが)参加させて貰っているのにそう思われていたとは…( ̄◇ ̄;)
天海さんの講座はめちゃくちゃコアに迫った濃い内容なのにもかかわらず、笑いがたえずとても楽しいです~◯
なのにいつもリアクション薄くてすみません、、、(・_・;

(貫索星中心のHさん)

なるほどーーー。そ、そ、そ、そうだったのかーーーー!!!

「人の顔色を読むことがあまり頭にない自分にとって、人間関係や人の評価や反応中心で、さてお仕事は…?」ってくだりに、ワタクシ腹を抱えて爆笑しました。「いるいる!あるある!」ですよね。

「世の中はそういうもん、とおもって仕方なく適当に迎合しているけど、人の目とか評価ばっかりを気にして、そこだけに重心置いて生きてる人をみると、まるっきり意味わからん」というご意見に賛同する人は、世の中には意外とたくさんいらっしゃるとおもうな。

そしてですね、いやその、実はわたしがその日にこう申し上げたのです。「Hさんは、講座の間じゅう、いつも黙ってじーっとノートをとったり、他の人の話をじーっと聞いていて、目立つどころか笑うわけでも、発言するわけでもないけれど、これまでの講座や十大主星シリーズに熱心にお越しくださるので、きっとわかりやすく表現なさらないだけで、たぶん心の中では楽んでくださっているんだろうな、と想像(期待)しています」って。

ちなみにわたし自身は相手からの「リアクションが薄い」ことに心配する甘夏さんのお気持ちがかなーり理解できるタイプです^^;;;

貫索石門、今回は笑いっぱなしでした、とても楽しかったです。
木こりさんの鋭い斧がしゅっしゅと切れててステキでした(笑)
(そして自分も石門なのに車騎牽牛があるせいか、うっかり貫索さんを剋してしまって申し訳なく思いました)

(中略)

今回興味深かったのは、ミズマチ先生の石門二つで貫索っぽい感じがしたこと(複数持ちで陰陽逆の星っぽくなってる人をあまり見かけないので)、それから中心貫索の人は(知ってる人を思い出しても)不必要に笑わないなと。(甘夏さんもおっしゃってましたね)
まわりに流されてなんとなくヘラヘラ笑うとかまじないんだな!と感じました。

他に持っている星の違いもあるでしょうが、石門と貫索は本当に違いますね~!
同じ自気持ちでも貫索のブレなさはいつも羨ましいです。

(石門星中心・Kさん)

そうそう。寡黙な不言実行タイプの貫索星気質を称して「男は黙って高倉健」みたいな賞賛の言葉が、鳳閣星のあんこさんから飛びだしていましたね。

2016-05-11 14.46.15

似た要素を持つ石門星目線から見ても、群れないくっつかない単独気質の貫索星の性質は、異質に感じられる、とみなさま口を揃えておっしゃいます。(むしろ、相剋であっても単独行動の車騎や、同じく単独行動の龍高のほうが、貫索との違和感がなさそうです)

Hさんが、個人的なエピソードなどもいろいろお聞かせくださったおかげで、寡黙なベールの裏側はどうなっているのか、参加者のみなさまにはいろいろな驚きや発見があったこと思います。Hさんありがとうございました。ひきつづきまたあれこれお話ししましょう!

次回が(たぶん)最終回です。

レポ其の5「貫索星・石門星」の巻 →★
レポ其の4「貫索星・石門星」の巻
レポ其の3「貫索星・石門星」の巻 →★
レポ其の2「貫索星・石門星」の巻 →★
レポ其の1「貫索星・石門星」の巻 →★

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加