小雪 〜二十四節気〜

小雪(しょうせつ)

二十四節気の第20番目。旧暦十月、亥の月の中気。新暦11/22頃。天文学的には、太陽が黄経240度(射手0°)の点を通過するとき。

小雪とは、寒さもまだ厳しくなく、雪まだ大ならず、の意味。町には本格的な降雪はなくても、遠い山には雪が積もり、冬の到来を感じさせられる。

「冷ゆるが故に雨も雪となりてくだるが故なり」 暦便覧(1788)

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加