6/16「午の巻」御礼とレポその1

おかげさまで「午の巻」無事に終了しました。すごいド迫力でした。みなさんたくさんお話くださって、本当におもしろかった。心より感謝です。ありがとうございました。

午の巻は、生命力に圧倒された回で
サラブレットような午族さんが颯爽と走る姿を垣間見せていただき
そのまぶしさと風圧でよろめいてました。

はっはっは。癸生まれのOさん、皆勤賞!いつもありがとうございます。これまでとガラリと雰囲気を変えた午の会をお楽しみいただけたようでなによりです。来月はどうぞよろしくお願いします^^

ひとことでいえば「陽気!」これに尽きます。

当日の全体の様子を知りたい方は、まずこちら。押しも押されぬ「午」族の族長、丙午クイーン、野中智世先生のレポからどうぞ!明快軽快で丙午さんの魅力がいきいきと伝わってくる、すばらしいスピーチありがとうございました^^

【内容充実】天海玉紀先生の十二支講座〜午の巻【抱腹絶倒】
https://ameblo.jp/tomoyo-0621/entry-12481424274.html

笑いと驚きに溢れたエキサイティングなスピーチ、本当にありがとうございました。

デスヨネー。この日忘れてはならない、もうひとつのだいじなポイントがこちら。

そうなんです。あんなにみんなどんどん上手に面白くわかりやすく喋ってくださるとは。つくづくありがたいことです。改めて音声データを聞き直しましたが、みなさま輝く「話芸」でしたね。スバラシイ。(オレももっと頑張ろう!)

こちらもまた皆勤賞!Eさん、いつもありがとうございます!

毎回、雰囲気の違いがありますが、
それでも今回は最高潮といいますか、ほんと、すごかったです。

クーラー近くの席なのに、なぜか汗をかいておりました。

先生方をはじめとして、発言してくださった方々の、「午」感!
スペシャルな会に参加できてよかったです。

また今回の午をうけて、前回の巳の特徴があぶり出された感じもしました。
陽の午に対して、陰の巳の感じ。静けさがあって、より粘る感じといいますか。
そして、日干:丙午と戊午との違い。
土があるのとないのとの違い、つかみどころのない「土」が実感できるような貴重な機会でした。

そうですよね。前回と比べられる方は、同じ火性であっても巳と午の雰囲気の違いも、よくお分りいただけたことと思います。

Eさんは予備知識ほとんどゼロの状態から、いきなり「干支で読む」のご参加スタートくださって、最初はちんぷんかんぷんだったとのことですが、家事に育児で超多忙!な中を、ご自宅での自主勉強でめきめき力をつけている最中です。頼もしい!嬉しいです^^

60年前の私と同じ干支の人を探していたら、
ダイエー創業者の中内功さん(1922年8月2日)が年月日支同じでした。
でも、陽占が違うんです。これは蔵干が違うからですよね。
「午」の時も蔵干の取り方のお話を聞きましたが、蔵干についてより深く知りたくなりました。
と、その前に、基本を、ということで、
6月29日何卒よろしくお願いいたします。

おおー!着眼点が鋭いっ!イイカンジです✨おっしゃるとおり。

そして、さらに陽占も読みたい!とのことで、今度の講座をリクエストくださいました。ありがとうございます^^
29日の講座では、そのあたり「蔵干」についてもお話する時間あると思いますので、どうぞおたのしみにです!

【残席4】6/29 算命学の人体星図をマニュアル作成

ということで、6/29(土)開催の「算命学の人体星図をマニュアル作成」講座も、まだまだお席ございますので、今からのお申し込みも大歓迎です。通常なら4回分の基礎講座のキモとなる部分をぎゅぎゅっと凝縮してお伝えするお値打ちプランです。お待ちしております。

午の巻レポはさらにつづきます!その2も凄いぞ!

6/16「午の巻」御礼とレポその2

今回の話はだいたい「いまを生きる!」のテーマなので、「いまを生きる!」力が足らない人は、ぜひこちらも読んでね💕

其の壱・いまを生きる

其の弐・いまを生きる