3/8ウラナイトナカイ出演情報&この3-4-5月に影響受けそうな方々の予報とか

2019年3月8日(金)
南阿佐ヶ谷 ウラナイ・トナカイに丸一日ずっと座っています。⇒★

この日は11時-21時の終日お店にいます。特に昼間のご希望の方、どうぞこの機会をお見逃しなくご来店くださいませ。お待ちしております。(次回は4/12が終日在店の日です)

11:00〜 12:00〜 14:00〜 15:00〜 16:00〜
17:00〜 18:00〜 19:00〜 20:00~

遅い時間帯は埋まりましたが、まだまだ空きあります。ご予約ご来店お待ちしております。

ご予約・お問い合わせ →★
最新のスケジュール →★

この3月は、西洋占星術でみても、東洋の暦でみても、今年もっとも大きな変化がありそうな配置です。新年度を前にいまいちど心の整理整頓!新しいステップ、新しいサイクルに向けて、気持ちも行動も一新しませんか?

◆ 個人鑑定 30分 5.000円/60分 8.000円
◆ 相性・ご家族鑑定 60分 8.000円(当日受付の場合は、お渡し資料なし)

NEW!
◆ あなたのフェアリーと旅する五要素ライフサイクル→★
60分8.000円
◆ インナーチャイルドカード「大きな悪いオオカミの野望」→★
25分3.000円/55分7.000円(記録シート付)

※ 金曜日がご都合悪い方は、方南町では随時受付中です!

ご予約・お問い合わせ →★
最新のスケジュール →★

週末には「干支で読む」シリーズの第二回「卯の巻」も登場します。すでに10名様お申し込みくださっていますが、こちらは新宿のひろーいお部屋ですので、まだまだたくさんお席あります。語集やイメージを膨らませたい実占志向の方はもちろん、知識や教養を深めたい初心者さんも大歓迎!講座が初めての方もお越しくださっていますので「天海玉紀の講座どんなかんじ?」という方もぜひどうぞ。お待ちしております。

【残席6】3/10 卯の巻「干支で読む2」

なお「干支で読む」シリーズの「読み方」の部分をより詳しく知りたい実占志向のみなさまは、こちらの「陰占入門」の後編をどうぞ。(この後編の内容は、十干と十二支の陰陽五行分類がわかっている方向けです)※ 後半では、実例を読む練習として「伝説的な名バレリーナ」の命式集を取り上げる予定です。(前半のレポは改めて書きす)

3/23 十干十二支で占う(陰占)入門・算命学の実践読みレベルアップシリーズ

3月6日が啓蟄(けいちつ)で、ここから卯月が始まりました。冬の冷たい空気が緩み、生命があちこちで蠢き始める季節です。西洋占星術では、6日の夕方に天王星が本格的に牡牛に移動して、7日に日付が変わってすぐに新月。大きな時代の変わり目を迎えています。

いっぽう干支の並びで見てみますと、これまた今年の大きな山場になりそうな並びができています。今年は「己亥」の年なので、基本的には土と水のコンビネーションの年ではありますが、「亥」と見たら「卯」を探すというのもまたひとつのセオリーなのです。

なぜなら、亥はもともと水グループに属していますが、卯に呼ばれたときには、(比喩です)木グループに変化する、という性質があるからです。ちなみに、未はもともと土グループに属していますが、卯に呼ばれるとやっぱり木グループに変化する、という決まりがあります。

ということは、今年の3月(丁卯)には、いろいろ大きく変化する人が出てきそうだな、と予想しています。

例えば、もともと未を持っている人は、この3月の「亥△卯」と反応して、未が土ではなく木に化けてしまうかもしれません。となると、もともとの自分のバランス配分が大きく変わってしまいます。この「木」がご自身にとって良き働きをするか、困ったちゃんになるかは、個別に拝見してみないとなんとも言えませんが、なんにせよ亥とか、未が効いてる方々にとっては、転機の3月になるのではないでしょうか。あとはー、木の力が欲しい人たちにとっては、チャンスシーズンでございましょうな。(木の力はこれ以上要らん、という人はおとなしくしておこう!)

うーん。あとは4月でしょうか。戊辰の方々は、昨年いろいろ思うところがあった方が少なくないでは?と想像しますが、この4月はその総決算的なものではなかろうか。昨年の4月は、戊戌+丙辰で、カラカラに乾いた土だらけ!でしたが、今年の4月は同じ土でも、己亥+戊辰、という湿った土の季節です。なんといっても、良きものを生じるのは、湿った良質の土だと言われます。これは誰にとっても同じで、じっと溜め込んでしまっておくだけでなく、意識的になんでもしっかり巡らせて、しっかりアウトプットして、天に向かって勢いよく芽吹き芽生えて伸びていく必要があるシーズンでしょう。

あちこちで申し上げていますが、土ばかりがたくさん累々と重なるのは決して麗しい景色ではありません。土は何かの役に立ってナンボなのです。何かを生やす、何かを生み出す、それがどうしても必要。もっと具体的に言えば、土ばっかりが重なるシーズンは、いろいろなものが固まりやすい、つまり塊ができたり(物理的にも!心にも!)しやすいのです。たいへん残念なことに、昨年の土ばかりシーズンには「◎◎ができた」というさまざまな病気のお話をあちこちで伺いました。ふだんからあれこれ溜め込みやすいアナタ!特に要注意です。

それから5月は己巳。これは今年の己亥と天干が同じで地支がぶつかり合う形です。それまでに「あたりまえ」と思ってることをいったん見直したり、やり直したり、進め方を改めたりするには良いときでしょう。惰性で続けていることを思い切ってえいやっ!と変化させるにもよろしいかと思います。己巳生まれといえば、すぐに思い浮かぶのはミズマチユミコ先生→★ですな。5年に一度の総決算?ますますいっそう飛躍のときになることでしょう。もちろん亥がある方、己亥があったりしたら、やっぱりここはぐっと何かに向かい合う時なのではなかろうか。

ちなみに、今年の天干の己といちばん反応しやすいのは、甲の人たちです。もともとぶれない。わたしはわたし、と自我がしっかりした人たちではありますが、今年は相手や環境に合わせて、ふだんとちがった自分になるチャンスでもあります。今年は甲のみなさまからのレポや実体験も楽しみにお待ちしております。あとは、今年終わってから1年を振り返るレポを特に伺いたいのは、壬さんたちですね。己×壬がどうでるか?これは本当にいま!いちばん!わたしが関心を寄せているテーマのひとつですので、甲&壬のみなさまにおかれましては、くれぐれもどうぞよろしくです。

とかなんとか言いながら、図を書いてみた。この続きは、あしたのお店日記に書きます。繰り返しますが、明日と4月12日は終日お店にいます。早い時間帯が空いていますので、ぜひご予約ご来店お待ちしております!

ご予約・お問い合わせ →★
最新のスケジュール →★

3/10開催の「卯の巻」講座では、このあたりの時期の話や、超!大盛り12ページの実在の方々の命式をどんどん拝見していきます。

【残席6】3/10 卯の巻「干支で読む2」

また「辰」は複雑に変化する非常に難解な十二支のひとつです。「土」→重い、頑固、ゆっくり、といったステレオタイプの読みからもうちょっとステップアップしたいみなさまは、ぜひこちらへどうぞ。来月!4月20日です。

【残席6】4/20 辰の巻「干支で読む3」

春の新メニューは二種類!陰陽五行(算命学や四柱推命)を現代風にアレンジした「五要素ライフサイクル」と、インナーチャイルドカード「大きな悪いオオカミの野望」です。

ご自身が生まれ持った才能は?いまの目標や望みをよりよく叶えるには?どんな生活やお仕事が向いている?どんなパートナーがあなたにぴったり?人生を通しての大まかな時期の流れは?転機はいつごろ来そう?もっと充実した毎日を送るには?

「五要素ライフサイクル」は、いま現在特にお困りのことがなくても、算命学のお勉強にご興味がある方、1年に1度のお誕生日に、新しいステージが始まる前に、変化の予感がするときなどに最適です。通常の算命学の鑑定用語を、よりご自分の言葉で具体的に理解してみたい方には特にお勧めします。

2019年春の特別メニュー「あなたのフェアリーと旅する五要素ライフサイクル」

さらに!インナーチャイルドカードの特別メニューでは、あなたの「思い込み、恐れ、不安、理由のない否定、嫉妬、束縛」といった闇の側面にフォーカスする「大きな悪いオオカミの野望」をお届けします。「あなたが望む幸せ」へのブロックはなにか?どうしたらより幸せな日々を過ごせるのか?探っていきましょう。

2019年3月特別メニュー「大きな悪いオオカミの野望」

じっくり自分自身に向かい合う個人セッションとはまた違って、さまざまな人と集まって、自分とは違う要素配分の方々と自分を比べてべてみるのも、とても良い経験になります。こちらは日程迫っておりますので、ご興味あるかたはぜひ!ご検討ください。