11/11「生き方レボリューション・暮らし編」レポ

11月11日開催「生き方レボリューション・暮らし編」ご参加くださったみなさま、まことにありがとうございました。7月末に開催した分の再演、という形を取りましたので、お配りした資料は同じで進行も同じ形式にしましたが、実質的にお話した内容は夏とはかなり違ったバージョンになったように思います。お越し下さったメンバーのカラーも全然違いました。「これからどうしよう」という雰囲気だった盛夏バージョンでしたが、「今年はおつかれ、わたし☆」というお声がいろいろ聞かれた晩秋バージョンとなりました。

これまでやってきて、どうやら「東洋でざっくり大まかな流れを掴み→西洋でより細かな各論をみていく」という展開がスムーズなのでは?という話になりましたので、先攻はワタクシ、後攻はミズマチ先生、という構成で進めました。この日は特に「天王星」の動きと影響についてのお話、みなさん真剣に取り組んでいます。

さっそくいただいたたくさんのご感想にも感謝感激です!

よかったよかった。東洋系は初心者、とおっしゃっていたけれど、ぱっ!と構造をすぐに捕まえて、ご自身の大事なテーマをぎゅっと掴んでお帰りくださったようで安心しました。NO MORE!要らぬ我慢!ですっ。

「未来を夢見て」の部分がゼロだと「誰かに助けてもらう」という意識が薄くなりがち。さっそく実践なさったようでよかったです!

ご参考までに「5要素ライフサイクル」図はこれね!

そうそう。そうなんですよ。特に下半分の要素は強すぎる人は社会的にはとてもうまくいってるようにみえても、実際にはあまりに環境の影響を受けすぎる、周りの人に振り回されすぎて疲れてしまう、といったデメリットが出てきます。特に「豊かな暮らし」の人間関係のしがらみから逃れられない人や、もっと直接的に「きちんと頑張る」が強すぎて自分の健康や心を損なってしまうケースもみられるので、上半分の「自分軸」大事にしてくださいね!

小田牧さんも、いつもありがとうございます!

はい。いつもわたし「牽牛星の人を公共の場でいじって笑い者にしてはダメ!絶対!」としつこく言ってるのに、ついやっちまいました〜!(ごめんなさいっ!)といいつつ、小田牧さんは、調舒×牽牛のセットをご自身でお持ちです。私の調舒の毒舌ノリも面白がってくださるであろうと甘えた上での荒技ですっ。ごめんね!(良い子のみなさんは決して真似しませんよう!)

柘榴先生、リアル「いまをいきる」族の勢いすごかったでしょー。またご感想お聞かせくださいっ。

星見当番さん、いつもTwitter上でお世話になってますが、またリアルでもお目にかかれて嬉しかったです!ありがとうございました☆そうなんです。「今をいきる」族が多い日は、みんな言葉数が多くて展開が早いので、レポが追いつかないんです。メモありがとう!詳しくはまたあとで〜^^☆

はい。「調舒星は不穏」というパワーワードの生みの親、Yumikoさま、調舒星プロであらせられます。ありがとうございました。今年来年は「豊かな暮らし」のシーズン、満喫してくださいね^^

そして新しい伝説(殿堂入りエピソード☆)を生んだのは、北沢かなこさん。好きなことを語るときのうっとりとした可愛らしいスマイルからちらりとのぞく激しい調舒星テイストとのギャップがとても魅力的な「いまを生きる観音」とても素敵でした!

最近楽しいことがない、ため息ばかりついている、将来が不安だ、そんなあなたは「いまをいきる・いまをいきる。いまをいきる」と無心に唱えてみましょう。「いまをいきる」の話はこのあともうひとつ続けます。(ほんとーに!このネタは!とどまるところをしらないのだ!)

おもしろかったなー。夏に開催した時には日干が火の人がゼロだったんです。(わたし除く)よく考えてみてください。生まれ日干が火だと、今年は火→土で「鳳閣星or調舒星」の年、つまり「いまをいきる」の年になります。こんなところで地味地味とベンキョーするよりも、みんな遊びに行って忙しんだよ〜!ってあのとき申し上げました。

↑ この話がぱっと脳内でわからないぞ?!という人は、12月のこちらの講座へどうぞ!お待ちしております。

【残席5】12/08 かんたん年運読み体験

改めてレポを読み返すとわかりますけど、あのときは日干が金(庚・辛)の人が多かったのです。つまりそのグループの方々にとって、今年は「未来を夢見て(龍高・玉堂)」が多すぎる!状態で、特に6-7月は土が多すぎ(龍高玉堂過多)のため、あれこれ考えすぎて行動はできなくて、すっかり脳内が煮えてるのでは!?とお話したはずです。

7/29「生き方レボリューション・暮らし編」レポ

今年の流れはちょっとものすごく極端な配置が多くて、人によって好調だったり、とても大変だったり、かなり影響がはっきり分かれたんじゃないかと思っています。特にこの11月版にご参加くださった日干が土(戊・己)のみなさまがシェアしてくださった今年一年のご様子については、たいへん貴重なお声として勉強になりました。ありがとうございました。本当におつかれさまでした。

ほかにも私がこの一年、この暦と向かい合いながら、どんなタイミングでどんな人に声をかけて、どうやって企画を立ててきたか、という裏話についても少しお話させていただきました。ただ受け身で運を待つのではなく、流れを読んで流れにどうやって乗っていくのか、という形でもぜひ占いを生かしていただく参考になれば嬉しい限りです。

いまはもう来年再来年に向けて、すでに流れががらっと変わる時期に入っています。それぞれの「生き方レボリューション」おそれず楽しく無理なく勇気をもって、さまざまな場面のさまざまなことを改革していきましょう。ぜひまたその後のお話なども聞かせてくださいね。

もっと詳しく「2019年を読む」のはこちら。毎年恒例、年末の講座はすでに満席→キャンセル待ちですが、ご興味おありの方はぜひお待ちしております!

【キャンセル待ち】12/27「東西占術で2019年を読む」ミズマチユミコ&天海玉紀

札幌講座では、今回を「生き方レボリューション・暮らし編」に加えて、ひとあしはやく「2019年を読む」の内容もお話しちゃいます!

【増席します→残席2】11/24 札幌スペシャル講座(五要素ライフサイクル&2019年の運気)

もっと詳しい来年の運気など知りたい方は、翌日25日にミズマチ先生とまる先生の個人鑑定にまだ少しだけ空きがありますので、ぜひご用命下さいね!

他にも12月の特別企画などもネリネリ中ですので、今しばらくお待ちください。こんなクリスマスプレゼントも用意してますので、ぜひこちらもあわせてどうぞ!

【残席2】12/24「インナーチャイルドカードでみるあなたの2019年」