6/30-7/04 インナーチャイルドカード・天天シリーズ

日々1枚引きシリーズ。

美女と野獣のカードは、タロットの「力」です。ライオンと女性のモチーフからの連想でしょうか。力強いものと、たおやかなものの組合せの妙です。「力」のカードは、女性がライオンをコントロールしている図柄ですが、この「美女と野獣」では並んで座った野獣と女性が描かれています。人によって読みがさまざまに大きく分かれるカードの1枚です。なんにせよ「これからなにかの課題に取り組む」時に出やすい、と言われています。

あ!間違えた。探求者、と書きましたが、ガイドの間違いです。ごめんなさい。「ガイド」のカードは、タロットならクイーンに相当します。ですからそのスートの上から二番目。このカードがでるときには、すでにあなたは、ワンドの力を自在に操るレベルに到達しているはずです。自分が笛を吹く側だとおっしゃる人が多いですが、笛吹きのあとを踊りながらついていく、とおっしゃる人もいます。街から出てきたこの人たちは、いったいこのあとどうするのか?これまた人によってストーリーが異なります。あなただったらどうしますか?

タロットカードなら「皇帝」です。現実界の権力者である「皇帝」は、インナーチャイルドカードの中では、ちょっと風刺的なテイストで「裸の王様」として描かれています。目先の利益や、はっきりと目に見えるもの、物質の豊かさばかりに惑わされている時に出やすい、ように感じます。

ハートの8は、ハートの2と構図が似ています。2との違いは、二人きりの世界だった2と比べると、よりたくさんの登場人物(動物?!)が描かれていることです。見つめ合う2からずっと魂の旅をして、いよいよ複雑なハーモニーを奏でる8までやってきた、ように見えます。どんな音楽が聞こえるか、これは人によって違うようです。楽しい、軽やかな、という人もいれば、夕暮れのちょっとセンチメンタルな淋しい音色、という人もいます。

3回目でしょうか。多いですね…なんでだろう?!

ちょうど、この日7月4日は「不思議の国のアリス」刊行記念日なのだそうです。ちょうどいいですね!

※ 使用デッキ
インナーチャイルドカード(英語版)
The Triple Goddess Tarot

6/25-29 インナーチャイルドカード・天天シリーズ