「ギンギラギンにさりげなく」司禄星から禄存星へ(前編)

禄存星&司禄星の話題になると、どうしても毒舌が止まらなくなる某C星のたまきです。みなさま、いかがおすごしですか。

それにしても、禄存星&司禄星の話になると、いきなりアクセスが増えるのはいったいどういうことなんでしょうか?「財」の講座になると、いきなりお申し込みが増えるのはいったいどういうことなんでしょうか?みんな大好き、禄存星&司禄星、ってことですね。わかるわかる。

しかしなー、だからこそ、誉めそやすだけでなく人が言わないツッコミ入れたりいじったりしたくなるのが某C星ってもんでございますよ。それではいってみよう。

身も蓋もないですが、ロジック考えたら結局こういうことだと考えております。そうじゃろ?

とにかく、ここまでの司禄星風味のお話だけでもじゅうぶん濃いはずなんですが…みなさまは胸焼けしません?わたしはするよ!(ズバリ本音で勝負だな!ヤケクソ…)

私の記事を読み直すのは胸焼けするようなら、さっぱりと復習として桃山先生のまとめをご覧くださいね。

玉堂星の方が語るとこんなにさっぱりすっきり風味に料理されるのに、なぜ調舒星のわたしが語るとこうなってしまうんだろう…うぐぐ…じたばた…だってしょうがないじゃないか!そうおもうんだもん…たまきうそつかない…(つらみ…

ほい。そこに突如現れる司禄星男子であった。

ですよね。ですよね。知ってる。いくらでも割るがよい。ふはははは。(冷たいじゃろ♪)

わたしからみると、禄存や司禄の人たちにはよくわからない未来へ続いていくような余白がないようにも感じます。なにもかもがみっちりぎっちり詰まっていて、それは確かに現実が「豊か」なのかもしれないけど、それはちょっと息苦しくて胸焼していやだ、と感じるのはわたしだ。

ワロタ。このへんで「全力回避」とかおっしゃってるところが、極力リスクを避けて安全安全!を選ぼうとする司禄み満々でありますよ。そうです。確かビット先生は禄存も司禄も両方お持ちだったような気が…濃いね。

はい。ここで番組の途中ですが、いきなり転調して禄存星風味の話になります。ますます濃くなります。マジか…orz これで良いんじゃよ。ギンギラギンにさりげなく☆でいいのだ。

んもー♪リナ先生ったら〜♪わかる〜♪

そうです。廣田先生は禄存星プロでした。そうですよな。同族からみると、同族の長所も欠点もその戦略や戦術もよりリアルにおわかりになることでしょうとも。

あ!禄存星プロが現れた!まるごとmaru先生が、柘榴先生の「損したくない」記事に反応されてます。きらりーん☆

禄存星を複数お持ちの調舒星中心の美麗男子からのコメント。いやはやモーレツに濃いですねー。(これがまたよくお似合いの方なのだ!)そうそう。どうせならそうこなくっちゃ。ビンボくさい禄存星なんていやだ。禄存星はゴージャスで華やかでなくっちゃ!

これで良いんじゃよ。ギンギラギンにさりげなく☆でいいのだ。ふはははは。

ちなみに、中心が調舒星で周りに禄存星(司禄星)をお持ちの有名人といえば、なにはさておき黒柳徹子さま、森光子さま。(こ、これはすごい…)宮沢りえもこの系統です。誰よりも尖っていて、誰よりも際立って個性的でありながら、なおかつ誰からも愛されて万人受けもするという難題を華麗にこなすのがこの組み合わせでありましょう。

ええ。はい。率直に申し上げて、周りから見ると一般的に禄存星のテイストは濃いですよね。しつこく繰り返すけど、濃い。愛情も物欲も現世的な欲が濃い。とにかく濃すぎるところありますし、良くも悪くも、なにごとも過剰です。だが、それがいい。味が濃い料理なのだ。色彩のはっきりした芸術なのだ。(しかしいくらなんでも過剰だろ…と思うことは多いぞ)

これで良いんじゃよ。ギンギラギンにさりげなく☆でいいのだ。

しかーし、なにせこういう禄存星気質の人たちだからこそ、それこそ際限ない調舒星の毒トークも受け止めてもらえるし、文句も言わずにニコニコしてくれるので(結局なにも話は聞いてないと思う。だが、それがいい)、禄存星型の人たちの存在はわたしにとっては本当にありがたいのです。(個人の感想です♪)

後編、つづきはこちら!

「ギンギラギンにさりげなく」調舒星から禄存星へ(後編)

※ 過去記事もぜひご覧くださいませ!

20150324 欲しいものは欲しいと言ったほうが勝ち~禄存星・司禄星(過去ログ)

ここまでの「司禄星」の話はこちら!

「損したくない」司禄星の話(その1)

「ただのいい人のお面被ってるように感じて」司禄星の話(その2)

※ 司禄星や禄存星の話は、こちらに大量にあります!「司禄星」「禄存星」 タグ記事