2018/04/27 我ウラナイトナカイ潜入セリ

2015年の夏、雑然とした勢いに満ちて賑やかな中野ブロードウェイ4Fにあった「中野トナカイ」は、南阿佐ヶ谷の裏通りに面したお店「ウラナイトナカイ」へと変身しました。

移転後はじめてのイベント講座でまつい店長が配布した「あなたにはどんな占いの勉強が向いている?」プリント、私の手元にあります。設問にそってひとつずつ yesかnoで答えていくと、自分にあった占術がわかる優れモノです。お役立ちで楽しいイベントトークでした!明日28日のイベントでは、あのときのトークショーがリニューアル&さらにパワーアップされて聞けるそうです♪ お申込みまだ間に合いますよ!→★ 明日のイベント「公開鑑定」のコーナーでは、ご参加のみなさまから寄せられる質問をどんどん占っちゃおう!という予定です。わたしは算命学のパートで参加させていただきますので、ぜひみなさま観に来て、お喋りしに来てくださいね!お待ちしております。

明日のイベント前座?!を勝手にやっちゃうぞ!ってなわけで「どんなときでも、何かあれば即!占ってみよう☆彡精神に基づいて、当取材班が極秘ルートから特別に入手した「中野トナカイ創立データ」から、このお店について占ってみました。ででーーん☆彡

<中野トナカイ(ウラナイトナカイ前身となるお店)>

生まれ日は丙申日。風流で芸術的なセンスに恵まれます。(秋の穏やかな午後に鐘がどこかから響いてくるような図です)鳳閣星が中心含めて2つ。車騎牽牛を両方装備した働き者。晩秋の日差しのように穏やかでよく笑い、バリバリ働きどんどん稼ぐおおらかでパワフルな雰囲気の楽しいお店です。(ちょっとイカれた凄腕たちが集うルイーダの酒場!ともいえる)5歳から大運スタートで、2013年からが本格始動のとき(今もこの大運の中にいます)。2023年までが司禄星大運につき、親しみやすい雰囲気で地道に草の根活動を広げていくのに適しています。2014年-2016年(ちょうど移転の前後)が重要な時期だったので、持って生まれた運気の流れにそのまま素直に乗っているように思われます。

最近ご紹介している「5要素を巡る人生サイクル」→★ の視点からも見てみましょう。まず5つの要素がもともと全部そろっているので、ごく自然に流れが循環しやすいです。(ラッキーですね!)明らかに突出して多いのは「いまを生きる」のゾーンです。ここはひらめきや直感、エンターテイメントを司る領域ですから「いまを生きる」ゾーンが豊かなことは、占い店としてたいへん好ましい配分です。さらに大運では「豊かな暮らし(お金だけでなく人とのつながりも含む)」のゾーンが補強されていて、この傾向は2033年まで続きます。いまを生きる→豊かな暮らしの流れが強まるのは、お店としてとしては喜ばしいことでしょうし、大歓迎の耕運、幸運期がまだまだ続きます。

中「野」は拓けて明るい大地の意味ですが、阿佐ヶ「谷」は水辺の低い土地を暗示します。賑やかでちょっとぶっとんでワイルドな雰囲気のある中野は、広く開かれたマーケットの雰囲気でしたが、いっぽうウラナイトナカイは、静かで「長時間のじっくり鑑定やお勉強向きだね」と話したのを覚えています。ちなみにウラナイトナカイのスタート日は、ちょっと変わった趣味を持つようなヤンチャな知性派、深窓のご令嬢のように見えますので、イメージ的にもぴったり合います。実際に1Fと2Fにフロアが増えたこともあり、阿佐ヶ谷ではイベントや講座の開催バリエーションも広がりました。さてさて、さらにこれからはどうなっていくのでしょうか?

わたしは「中野トナカイ」創設時から、占い鑑定のお客さんであり講座に通う生徒でした。次から次へと魅力的な企画やイベントが目白押しで、次は何だろう?何が起こるんだろう?!と、楽しく通いながら、たくさんの先生方や同期の人たちにお世話になりました。ひょんなことから、2012年からレギュラーメンバーになり、いつのまにか自分が何かを企画したり喋る側になりましたが、いまでも「次のおもしろいことはなにかな?何が出てくるのかな?」と楽しみに思う気持ちは変わっていないです。人も育ち、お店も育つんですね。ふしぎ。(天海玉紀)