2/18「土性を極める〜財運・人気運の秘密」レポ・其の2

「土性を極める/2018冬ver.」開催レポシリーズ、すっかり間が空いてしまったのですが、その間にもどんどん超!大作レポ記事や、超!長文ご感想メールなどなどを頂いております。ありがとうございます。

どんな話だか忘れちゃったよ…という方は、まずこちらからご覧下さいませ。
ここまでの流れはこちらから!

2/18「土性を極める〜財運・人気運の秘密」レポ・其の1

おかげさまさまで、火曜日の基礎講座にもご参加くださっているベテラン星詠み☆たりあ先生がわかりやすいレポをなんと二回シリーズでUPしてくださいました。感謝!

うふふふ♪ そうでしたか。たりあ先生、わかったときは「わかった♪」と、わからないときは「わからない…」と、とてもわかりやすくリアクションしてくださるので、おかげさまで喋るほうとしてもたいへんやりやすいです。いつもありがとうございます。(個人連絡☆きのうご質問頂いた「水剋火」の話は改めてどこかで記事化できればとおもいますので、よろしくおねがいします)

少人数だったらそれぞれ個別の読みもできるんですが、いかんせんこのシリーズだとむずかしい。講座として一般論の話を聞くだけだとおそらくどこかから「それはそういうことなのはわかったけど、じゃあわたしはいったいどうなんですか?」というご質問が出るであろうこと必至なので、ものすごく頑張って全員分の個人アドバイスメモを作成しております。これはもう採算度外視の大出血サービスとして行っておりまして、そう。それはつまり「まずは自分が先に身を切って労力をかけてみなさまにご奉仕する!損して得取る!」という講座の内容をそのまんま実践してみております。(口だけ、理解だけじゃダメね〜♪行動がいちばん大事ね〜♪)

ご紹介ありがとうございます!そうです。もともと金運/人気運を発揮しやすいタイプの方と、そうじゃないタイプの方(つまり、金運人気運以外の分野に長けているということですよ)がいらっしゃいます。

あはははは〜♪たりあ先生は、多くの人が関心を寄せやすい売れ線分野や、自分自身の損得にダイレクトに関わる分野よりも、より広範な知識や理念理想を志向するタイプの知性派だということです。

たりあ先生のような「知性満タン☆」タイプの方が「より親しみやすいイメージで、広く多くたくさん売りだすには?!」というお話は、大昔の講座のときからすでに何度もお話したことがありますので、すでに実践なさっているたりあ先生です。

ワンポイントアドバイスの項目についても、公開解説してくださっているのでこちらも合わせてチェケらっ!です。

たりあ先生の場合は、日干は「水」の「壬」でいらっしゃるので、もともと好奇心が強く知識欲が旺盛で、広く何かを吸収して貯め込む性質が強いです。さらにその「水」を生じる「金」も強くお持ちなので、つまり印星=(龍高や玉堂)の気質が強くて、ますます「学びたい!知りたい!高めたい!」欲が強くなるということです。

たくさんあっていいじゃん、と考える方は多いでしょうけれど、もともと陰陽五行には「全部の五行をまんべんなくぐるぐる巡らせることができるとバランスいいね♪」という考え方がベースにありますので、知性優位のみなさまは、いかにその豊かに貯めた知性を世界に放出して巡らせるか(知性が役立ってお金になる人も居るけど、純粋な知性とお金はなかなか結びつきにくいです。これだいじ)といったあたりが大事なポイントになります。

例えば「考えすぎるとカラダを壊す」(これがいちばんわかりやすい、水剋火です)に反対する人は少ないでしょう。あんまり頭ばかり良くてもいろんな支障がでてきます。脳内妄想勇者(byミズマチ先生)も困り者です。

そもそも、お仕事であれば「目的を定める」ことが大事ですし、そこには当然「利益勘定」も出てきます。なので、頭の良さをビジネスに活かしている方はこの世にたくさんいらっしゃいますね。(しかしやりすぎると健康注意!になるのであります)

ということで、星詠み☆たりあ先生、丁寧かつ重厚なレポありがとうございました!ご自身で書かれている通り、お金を「貯める」のではなく「巡らせる」タイプの幸運をお持ちでいらっしゃいます。だって、大金だけをひたすら貯めこんでいることが幸せなのか?問題、というのはまちがいなくこの世にあるでしょう?「スムーズに巡る」ことを良しとする世界観からすれば、たりあ先生の「なぜかお金が回ってしまう生き方」というのは、これはたいへんうまくご自身のリソースを活かしていらっしゃるのだろうと拝察します。

昨年から開催してみて感じるのは、この土性講座には、あとさき考えずにやってみる。損得考えずにやってみる、というあたり(火性のテーマです)が苦手な方が多くいらっしゃるんだなーということです。もちろん考えないことがデメリットになるケースは山のようにありまして、次から次へと手を出すけど形にならない、というお悩みもたくさんいただきます。この場合はもうちょっと目的意識を持とうね、となりますので念のため。

あくまでも原理原則の話ですが、鑑定だとどうしても損得勘定が先にたって、というパターンの方も少なくないです。そもそもご自身がどういう傾向があるかは、これは千差万別なので、ここでは解説しきれません。ごめんなさいー。

ということで、この話はまだまだつづきます。

2/18「土性を極める〜財運・人気運の秘密」レポ・其の3

2/18「土性を極める〜財運・人気運の秘密」レポ・其の4

2/18「土性を極める〜財運・人気運の秘密」レポ・其の5

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加