11/23「天中殺の過ごし方〜申酉から戌亥へ」講座レポ

11/23「天中殺の過ごし方」ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。戌亥天中殺さんたちが主役、ということで亥月に開催しておりますし、もともと予想はしておりましたが、8名様中の5名様が戌亥天中殺生まれでいらっしゃいました。壮観☆

「天中殺」という言葉も字面も怖いです。世の中では「天中殺」という言葉ばかりがセンセーショナルに取り上げられがちですが、ではそもそも「天中殺」ってなに?!ということがわかれば、そんなにおそれることはありません。

講座おわりに、隣同士に座っていた戌亥生まれの美人おふたりが、見つめあって(手を取り合うようなポーズで)「わたしたちに足らないもの…現実☆」と、目をキラキラさせていたのがたいへん印象的でした。綺麗だった〜☆☆☆

戌亥天中殺は「中央欠落」つまり現実中殺、とも言われ、心の世界に精通し、精神的な分野に強い代わりに、現実世界でのあれこれが苦手、と言われます。「野心?」「現実?」といったワードがでるたびに、あちこちから霧のように「???」マークが浮かび上がってくるのが見えたような気がします。

23年務めている仕事は、やはり守った方がいいのだな。
避けてきた○○のために○○しなきゃだな。←野心がない?

甲子生まれのOさま、ご感想メールありがとうございました。甲子は六十干支のトップバッター。昔はお坊さんの生まれ、と言われたように、とても頭が良くてちょっと浮世離れしたところのある学者タイプの方が多いようにお見受けします^^

えふ様、ご参加ありがとうございました。みなさま忌憚ないお話をお聞かせくださったおかげで、当初の予想以上の濃厚空間になりました。おつかれさまでした。

もちろん時期の予測は天中殺だけでは読み切れません。その人の生き方や環境はもちろん、天中殺以外の要素がたくさん含まれています。わたしは「天中殺」のことばかりじゃ大雑把過ぎるんじゃない?という疑問を抱いて、そこからどんどん掘り下げていったタイプです。これはまたいつか、時期読みテーマでみなさんといっしょに考えていければと思っています。

《満席》1/21(日)「天中殺の過ごし方〜申酉から戌亥へ」

再開催は来年の1/22(日)に決まりました。まだ先だからお知らせももう少し先に、とおもっておりましたが、予想以上にお問い合わせをたくさんいただきましたため、早めにお知らせをUPしました。お席残りわずかですので、ご興味おありの方はぜひご検討いただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加