「癒し系占い師」ではない話、その後の顛末

わたしは世間様で言われるところの「癒し系」占い師じゃないです、という記事を先日UPしましたところ、思いがけずあちこちからリアクションをいただきました。どれもありがたく拝読いたしました。こころより感謝申し上げます。

「癒し系占い師」でなくてごめんなさい。

特におひさしぶりのみなさまからのお言葉をいくつもいただきまして、大変恐縮するやら嬉しいやらでございました。わたしの中では、このブログの定期的なリピーター読者様の想定数はだいたい30名様程度でございますが、もしかして、たぶん、それ以上にいろんなひとがあちこちで黙ってご覧下さってることをしみじみと感じました。

先日の「癒し系占い師でなくてごめんなさい」を書くきっかけになったUさんから、追ってご連絡をいただきました。(これまたありがとうございます!)

というか、本当に「きっついこと言われたわ!!!口悪いわ!!」
ということではなくて、なんていうんでしょう、
もう言葉では言い表せないけど、玉紀さんがマジで嫌がってる・・
と思って(笑)

ああ、私って、末期ガンなんだ・・・

という「告知」をされたとでもいいましょうか(大笑)
顔見て瞬間「もー、絶対に末期ガンだし!!」って。
まだひとつも症状言ってないやん、って思いました(笑)

そういうショックはありましたけど、
あれくらいのショック療法でもないと、
動けなかったと思っていて。

それこそ、ブログにあったように、私も当時は満身創痍だったので、
もっと優しくしてくれてもいいやん!!
とか「癒し系」を求めていたのか?どうだったのかな。

でも、ふわっと「なんかちょっと悪い病気かもねー。調べてみるねー。」
なんて言われてたら、今頃・・死んでたかも。
あちこち転移しています。天将の陰転・・・手遅れです・・・みたいな。

「Uさんなら頑張れますよ!」とか
「やめないでくださいよーーー!」とか、
そういう意見を言ってくれる子のところに行くこともできたんですけど、
選ばなかった当たり、私のチョイスなんですよね。

一言で言うと、プロを求めた結果。

ということなんです☆

最近、ようやく・・・×××××ではなく、
◎◎◎な私、を生きられるようになってきました。(今頃?!)

いやー、人生って深い。年をとることが楽しくて仕方がないのです。

いやもう…うん… Uさんご自身がものすごーーーく華やかでパワフルでかつ繊細、つまり眩しい光と影のコントラストがとても強い方でいらっしゃるのです。

「そのくらい本気でこちらもがつっと受け止めて立ち向かわないと、あのときの陰パワーの強烈さに押し負けちゃうんだよ!マジで!!!」と、Uさんにはこころからお伝えしたいです。ふふふ。お元気にご活躍のようでなによりです。熱いメッセージありがとうございました。またときどき近況お聞かせくださいね!

そしてっ。さらにメールお送りくださった方の中に、懐かしいお名前を見つけました!(ありがとうございます☆)以前(旧ブログ)この記事にご登場くださったMさんは、戸籍上のお誕生日と実際のお誕生日、ふたつのお誕生日をお持ちでいらっしゃいます。

《再録》二つの誕生日

2011年の2月は、わたしが「天海玉紀」を名乗り始める直前ですが、そのときにMさんは、そもそも占いではなく治療院にお越しくださったのでした。

さて、天海先生のブログで「癒し系占い師でなくてごめんなさい」→★ の回を拝読しました。
そしてコントのような内容、失礼ながら本当に笑わせていただきました。

鍼灸師の◎◎先生(注・私のリアルネーム)が初めての出会いだった私は、鑑定で天海先生にお会いしたときに実は「なんて優しい雰囲気になられたのだろう」とちょっと驚いたのです。
それでもやはり150km/hストレート豪速球の語り口はご健在だったんですね。
それが先生の魅力だと思うので、そのお客様のご感想に安心しました。

人生で最大のピンチ!とうちひしがれて訪れた方南町の治療室で、よく考えれば先生からあきらかな励ましやなぐさめの言葉はなかったように思います。
あの時、どんなことも飾らず話してくれる正直だけど毒舌な先生だなーと感じたことも記憶しています。
ですが、数回しかお世話になる機会はなかったものの、帰るときに「あ、私大丈夫かも!」という感じが毎回強くなりました。
「言葉に嘘がない」と言うことはあとでじーんと効いてくるようです。

ひーーーん。。。そうか。占い師のときは、あまりにも言葉がストレートにならないように少しはコーティングしているのかもしれません。(確かに、治療のときのほうがキツイかも!言葉だけじゃないですからね、触るのはわたしはものすごく丁寧にしています)

ずいぶん前のことながらも、そんなふうに覚えていてくださって、そのようにおっしゃっていただけることが、どれだけ励みになることか…。ありがとうございます。

わたしは、どんなときも物事の裏までみて語ることが信条の調舒星人でございます。治療家としても占い師としても、ずいぶんたくさんの方にお目にかかってきましたが、なによりも表面だけをキレイキレイに取り繕うことが大嫌いなので、媚びは売りませんし、根拠のない気休めの言葉も言いません。

これはダメと思ったら、はっきりダメと申し上げます。それでお怒りやご不興を買うこともあるのですが、本気の人のことは心底から応援します。そして、そこから人生が転換したり、元気になられる方もいらっしゃるのもまた事実です。

Mさんにも、たぶんけっこうキツイこと申し上げたんだとおもいます。(そもそもわたしが多々お目にかかってきた突発性難聴、めまい、耳鳴り系に罹患される方々は、もれなく責任感が強くまじめすぎるところがあります。考えすぎるし、脳内でシュミレーションしすぎる。治療の時には、そのあたりをわたしはかなりハードに突っ込むのです)

それなのに、治療院からトナカイにもお越し下さるようになったMさん、ずっとわたしのことを覚えていてくださって心より感謝であります。人生の冒険の旅は、まだまだこれからどんな風に展開していくのか?たのしみにしています!

いまでもわたしはふたつの分野の仕事をはっきりわけているので、Mさんのようにもともと鍼灸治療に通ってくださった方が、それから占い鑑定にもおいでくださるのはかなりレアケースです。なので、わたしがぼかして書いているつもりの固有名詞も、Mさんにはしっかりお見通しなのでした!!!

余談ですが、先生のブログで禄存星のところを拾い読みしようと開いたのが◎◎院長登場の回でした。
(私、引きが強いのです)
◎◎院長が◎◎治療院で私に「愛が一番大事!愛を忘れずに」と何度もおっしゃっていたことをよく思い出します。
人間いろいろな顔があり、この世の多元的な面白さをまた感じさせられたブログでした。

うはははは〜〜〜!!!そうそう。そうでした!よくぞおっしゃってくださった!

ボスは「愛です。愛!」とよく言ってました。実際にものすごーーーーくたくさんの辛い目にあったり、理不尽に耐えてこられた、濃厚な情緒たっぷりの人情あふれる方です。なんといっても禄存星は愛と財の星ですからね。

イケてる禄存星の秘密2

禄存星ボスがコントロールする職場は、人情味たっぷりで商売大繁盛。とはいえ、ドライでビジネスライクな関係とは正反対で、ときに支配的で束縛的にも、なる。ええ、まさにぴったりでしょう?!(でもってさー、もしかして、巡り巡ってここに書かれたご本人がご覧になられる可能性だってあるのが、インターネットのおそろしくおもしろいところです。いちおうわたしは占い師やってることは、当時のつながりの方々にはカミングアウトしていないのですが…orz)

そんなこんなで、わたしはみたまんまをそのまま言うスタイルでふだんからやっております。(いちおうTPOは考えますが、迷ったら言う、ほうです)鑑定も講座も、たぶんそうです。

おそらく、あけすけすぎる、ストレートすぎてキツイ、と感じる方も少なくないと思いますので、そのような方におかれましては、ブログだけご高覧いただけるだけでもたいへんありがたく存じます。

よけいな飾り無しに、ストレートにやりとりしたい、というみなさまとは、たぶんお互いに感覚が合います。ピンときた方は、ぜひとも鑑定でも講座でも、何かのイベントの時にでも、お声がけいただければ嬉しい限りです。

05/06 NEW! ★ 最新の予定

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加