その2「暦と十二支でよむ運気予報」ご感想ありがとうございます。

2016-02-16-1652

講座のご感想シリーズ、前回のつづきです。
「その1 暦と十二支でよむ運気予報」 ⇒★

初見参!東洋系はじめてです、とおっしゃるそら。さん、ご感想をUPしてくださっていました。よくぞお越しくださいました。こちらこそありがとうございます。

立春を前にして・・・

やたらと暦のことだとか、
十二支のことが気になりだした、わたし。

「自然界の学びへ。」(そら。さん)⇒★

びっくりですねー。そら。さんの命式は、もともと大きな仕掛けがあるうえに、今年の干支回りにはぴったり大きな影響をうけそうな組み合わせをお持ちです。大きな流れの気配をなんとなーく感じとられたのでしょうね。

このように、鋭い方々は、占う前からちゃんと流れにのって、うまく変化の兆しをキャッチなさっていることが多いです。ぜひ今後もひきつづき干支の世界の不思議をいっしょにおたのしみいただければ嬉しい限りです。ご参加ありがとうございました。

2/11の陰占の会、充実の3時間でした。ありがとうございました!
まさに、基礎練を一気に行ったのだな…という実感です。これを身につけるためには、実際に使ってみないと何とも!というのが正直なところだったりします。
十大主星の講座のように実例があって切り込んでいくのとは反対に、積み重ね型ですね。
そのとおり!龍高星人のTさんは、ちゃーんと今回の講座の目的と意義をばっちりとらえてくださっていました。ありがとうございます。(途中の議論は省略っ)
「ああ、結局人のやることっていうのは、論理や法則だけでは完結せず、やはり人の思いがあってこそ完成するのだな」などと、今回の講座を通して思ったりしたのでした。
ふふふ。こんなセリフを、すっきりと説明できるロジックを愛する龍高星・玉堂星型の方がおっしゃってくださることに、なんだかたいへん味わい深い思いでいっぱいです。どんなに素晴らしい理論だけでも足らない。どんなに濃くて熱い思いだけでも足らない。どっちもだいじですよね。ほんとに。Tさん、いつも深イイ考察ありがとうございます。
さらに、今回の講座で取り扱った内容は、すでにもうぜーんぶご存じでしょうに、繰り返し繰り返し、常に向上心を忘れない山羊太陽の石門星美女のSさんからもご感想をいただきました。ありがとうございます。
石門星人の最大の特徴は、いつもにこやかに穏やかにふるまいつつ、しっかり全体をみている(周囲のニンゲン観察を怠らない)ことですよ、というあたりを念頭におきながら、Sさんからのコメントを拝読してみましょう。
おかげさまで
「おおっコレは
  丑が来たら金の三合会局じゃ!」なんて
脊髄反射できるようになりました♪
 
自分は山羊エキス濃いのでおそらく左脳派、基礎知識は理屈で入れるしかと思ってましたが。
●でひたすら●●していくのが最強ですネ!
(※伏字 byたまき 講座ご参加のみなさまだけが知る特典♪)
みなさんのそれぞれのリアクションも面白かったです。
 
初見なのでおそらく???だろうに、
わかんないよーギャーとわめき散らすことなく静かに吸い上げていく玉堂さん。(※冒頭に登場したそら。さん)
 
うさぎちゃんかと思いきや
要所で的確な質問出してきて、かわいいだけじゃなかった調舒さん。(※前回登場のみこさん)
 
持ってる雰囲気がなんとなく柳?だった根無し草さん。(※さきほど登場の龍高星人Tさん)
  
…教科書だと
「この命式はこんな質」とカテゴライズどまりだけど、
知りたいのはそこから先の人間観察なのでした。
 
このお方には
どんな処方箋が良くて
そいつをどうやって伝えたらHITするのかとか、
私この人に何してあげられるのかな?なので。
Sさんは、知識はすでにたーくさん備えていらっしゃるのですが、実際のリアルな人間観察のためにお越しくださったとのこと。もちろん大歓迎です。人間観察、といいつつ、さりげなく初参加の方をそっとサポートする気づかいまで発揮してくださって、わたしは大助かり!(スミマセン。すっかり頼りにしておりました。てへぺろ)
これは今回に限ったことではないのですが、ちょっと余裕があって、そうやって周囲にご配慮くださる方がいらっしゃるだけで、空気が和みます。いつも大変ありがたい限りです。
自分の命式ってこんななのかー☆とキラキラしているみなさんのリアクションは
宝の山なのでした。
 
たまき先生の講座は
各々のキャラをぱぁーっと出してきやすい空気感があるのだなと思いました。
 
4月以降も
生きたお勉強会の企画を楽しみにしております。
ありがとうございました! 
おおお。そうでしたか。そうおっしゃっていただけるのは、なによりありがたいことです。わたしが最も大切にしているのは、みなさんが「わかった!たのしい♪」とキラキラしちゃう瞬間、これにつきます。そうなんです。本当にその喜びをみなさんと共有出来たら、それがわたしの幸せなのでございます。
壬生まれのSさんが、じーーーっと人の話を聞きながら、どんどん吸収していくお姿を「まさにあの感じが “水” の雰囲気ね」というお話をしました。Sさんは、たくさんたくさん蓄えられた知恵や洞察力を、この先きっと多くの人のために役立てていかれることでしょう。いっぱいいろんな人たちに頼りにされるだろうなー。またいつでもお越しくださいね!
というわけで、今回のちとハードコア?!企画「暦と十二支でよむ運気予報」みなさまからのご感想をご紹介させていただきました。来月以降もどうぞよろしくお願いいたします。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加