2016年末。星に願ったそのあとは…

2016-12-30-venus

夕暮れの南西の空に、ひときわ明るい金星が輝いています。

世の中は2016年が暮れて、新しい2017年がもうすぐ明けます。いくら「暦ではカレンダーの新年にはあんまり意味ないね」といくら言っても、この社会の中で生きている限り、それを無視したり逆らったりはできません。今年も一年、ありがとうございました。

2016-12-31-orion-01

この時期、東の空に明け方昇ってくるのは蠍座の星々。

2016-12-31-orion

蠍座が昇るころ、反対側の空にはオリオン座が沈む。オリオンの天敵であるサソリと、オリオンは同時に空に昇ることはない。

2016-04-17-1728

2016年4月に自分が引いたインナーチャイルドカード1枚引き。明け方の空に、眩しい超新星☆が輝いているのに、この人はじっと内面の井戸を覗いていて、何が起こっているのか気がついていません。金貨?種?何かの種を井戸に落としています。種は沈みます。どこまでもどこまでも沈みます。あれ?植物の種ではないのかもしれません。どこまで沈むんでしょうね。わかりません。井戸が深ければ深いほど、祈りは遠くまで届きます。星はこの人の生命よりずっと長く輝きます。この種の意味は、きっと、この人だけの単なる個人的な祈りではないでしょう。朝が来たら、何事もなかったように、この人はふだんの生活に戻ります。チャクラカードはハートチャクラ。

星に願いを

2016-12-31-star-02

どこにいても輝く金星を見上げると元気が出ます☆

上の写真の中に、ひとつだけリアルスター(本物の星)があります。見つけた人は、来年ますますいいことがあるぞー♪ 探してみてね☆

2016-12-31-star-01

わたしの2016年は、まさに柔軟宮グランドクロスの洗濯機に放り込まれて、ハードモードの全速力でぐるぐるぐるぐるかき回されたような年でした。超!高速で回るルームランナーや、モルモットの回転輪っかを走り続けた、ような感じです。

2016-11-28-3pigs

来年のテーマ1枚引き(フルデッキだったのに大アルカナ。。。)

いまのわたしは、インナーチャイルドカードだと「三匹のこぶた」=タロットカードの「審判」がバシバシ出ます。来年は、これまでやってきたことの成績表が出る、成果が問われるときなのでしょう。(何引いても同じこと言われます。これまでのステージは終わり。次!いこ!次!だと)

2016年は、はじまったときには想像もつかないスピードとスケールで、いろんなことがあって、いろんな方にお世話になって、いろんなご縁をいただいて、こころから感謝ばかりです。

しかし、自分の目の前は景色も何も変わっていません。いつもと変わらず、いつもどおりに、いつもの自分の仕事をしてきました。来年は、今年必死で鍛えた筋力が、必ずや役に立って、いまとは違う景色の場所へたどりつけることを願っています。

2016-12-26-17-45-23

もうひとつ出るのは、これ。洗濯、じゃなくって選択を意味するLOVERS。自分にピッタリ合う道を決断して選ぶこと。(双子過多のわたしがもっとも苦手とする分野ですね)

ということで、今年の更新は終わりです。

みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
わたしは来年も、ますます精進してまいります。引き続きましてのご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加