11/28(月)「十二支と十二従星 @奥三河・新城」

2016-11-08-10-18-23

2016年最後の愛知県遠征のご案内です。そのまえにここまでのあらすじ。

わたしがほそぼそと鑑定と教えるお仕事をはじめたときから、愛知から東京まで何かの際には欠かさずお越し下さったりご連絡くださっていた八雲あかねさんに「ねぇねぇ、あかねさんや愛知のみなさんがどんな活動をなさってるか見てみたい」とご相談したのが、昨年だったはず。そうだ、2015年の春先でした。そこから急速に話が進んで、4月に「陽転お茶会ハイパー」→★(旧ブログ)にお招きいただき、そこからのご縁で5月には三河田原での鑑定会 →★ (旧ブログ)が実現しました。

今年に入ってからは、2月には名古屋〜三河で濃厚なる作戦会議 →★ 4月の幡豆 →★(前のめりに踊る☆天将星の会)、愛知のみなさんが東京におこしくださってウラナイトナカイでのイベント!、6月の豊橋 →★ 10月の名古屋 →★ (やさしい算命学)では、びっくりするくらいたくさんのみなさまにお越しいただいて、熱烈パワーに触れ、いろんな交流やご縁が生まれて、毎回大感激でありました。

さて、それから。11月は奥三河の新城にて、より踏み込んだ内容で本気で勉強してみたい!方々にお集まりいただくディープでコアな会を開催いただくことになりました。今回の主催者さんは「中野トナカイ」時代から長年にわたって、中野トナカイ→ウラナイトナカイのお店HPおよび各占い師のブログを熱烈に熟読くださっているとのことで、中野トナカイにもご来店くださったことがあるとのこと。そうだったんですね!なんともありがたいことです。(子育て中のいちばんたいへんなときに占いの勉強を続けるって、なんだかトナカイ店長のまついなつき先生のエピソードを思い出すようなお話です☆)

そんな主催者さんが、ひょんなことから八雲あかねさん(愛知県内各所で、算命学・陽転お茶会やホロスコープ読みWSなどでご活躍中)→★ につながって、そこから不肖ワタクシへとご縁がつながった、という不思議なつながりで、今回の企画が実現する運びとなりました。ご縁は不思議。本当にありがとうございます。感謝ばかりです。

2016-11-01-15-38-14

2016年11月28日(月)10:30〜12:30

『十二支と十二従星』

場所:愛知県新城市(個人宅のため、お申し込みの方にだけご案内差し上げます)

※ 午後は鑑定会ですが、お申し込みは、午前中の講座にお申し込みの方を優先させていただきます。

11/10追記:お申込を締め切りました。ありがとうございます!

詳しくは八雲あかねさんのブログにて! →★(お申し込みは主催者さん宛に直接、Facebook経由のみ受付です。ご理解ご了承くださいませ)

2016年版・十二支と十二従星

今回は、算命学の「十二従星」の意味と仕組みについてお話しします。個人の特性だけでなく、実際の行動様式を、この「十二従星」からかなりの精度で読み取ることが可能です。

「十二従星」は、生命が生まれて、育って、偉くなって、弱くなって、死んで、魂に戻って、というサイクルを象徴しています。さらに、十二という数は、季節の巡り=十二支のサイクルとも連動しています。生まれて、育って、栄えて、老いて、死ぬ、生命のサイクルをなぞらえながら、理解を深めましょう。一年間の季節感と十二支の仕組みを確認しながら、十二従星の意味まで網羅する盛りだくさんのメニューとなる予定です。

この形式では、東京では何度か開催しておりますが、多くの方々が「やっぱり基礎が大事!」とおっしゃってくださった濃厚な内容です。熱意あふれるみなさまのご参加をこころよりお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。


「算命学っておもしろい♪」「自分のこと、家族のことがよくわかりました!」というところからもう一歩進んで、もっと全体を広く、もっと深くところまで知りたい!そういった方々の喉から手が出るくらい前のめりでほとばしる熱意が、ひしひしとわたしのところまで伝わってきております。なんともありがたくうれしく、親近感をおぼえます。本気の人たちがわたしは大好きだ。なぜならわたしも本気でしかやりたくないからです。

来年にも、その先にもますます繋がっていく種まきになる貴重な会になることでしょう。まずは11月28日、みなさまとみっちり濃厚な時間を過ごせることを、いまからたのしみにしています。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加