2016/10/14 No such thing as true love?

インナーチャイルドカードは、伝統的なタロットカードの理論を元に、誰もが知っているおとぎ話やファンタジーを関連付けてアレンジされたデッキです。カラフルな色彩と親しみやすい優しい絵柄が美しく、世界7ヶ国語に翻訳され、世界中でたくさんの人に愛好されています。

中野トナカイ → ウラナイトナカイでのインナーチャイルドカードのセッションは、甘夏弦さんが2014年頃から手がけていらっしゃいます。→★  乙女プロである甘夏さんのセッションは、混沌とした複雑な感情や記憶の海から汲み上げたサンプルを、丁寧に手際よく仕分けしてまとめてくださって、腕のいいい板前さんのような、頼れる実践家の趣があります。各種のイベントや甘夏さんのトナカイ鑑定の時にインナーチャイルドカードセッションを体験して、それ以来密かにファン!だったり、なにかの節目にみてもらうリピーターの方々も多いことでしょう。

cs9qwymuaaibqzzわたしもごたぶんにもれず、甘夏セッションのファンのひとりでありました。が、ひょんなことから昨年ふと思い立ちまして、インナーチャイルドカード作者=本家本元のイーシャ・ラーナー先生の4日間の濃密なる講座を受講しました。それから約1年間かけて、大量の課題とモニターセッションの修行を積みまして、いよいよ先月無事にインナーチャイルドカードのティーチャーコースを修了の運びとなった次第でございます。(わたしはさっそく公式プラクティショナーページに掲載申請しました。いまならいちばん上に掲載されてます。みてね!→★

「インナーチャイルド」は、誰にでも備わった核(Golden core)であり、いきいきとした感情や生命力、人間の成長や生への信頼、のようなものと言えるでしょう。甘夏さんもわたしも、セッションでは特別な心理学やらスピリチュアル系の概念や用語の説明や、特定の思想信条などを用いるわけではありません。セラピスト側は、そもそものカードが示す意味やスプレッド全体像についてのお話はしますが、主にカードの絵柄や昔話のモチーフから、その方それぞれの思いやイメージが生まれ流れ出したり、言葉や物語がつむぎだされるときのヒントや手助けをする交通整理役です。

リアルなサンプルとして、いま引いたばかりのほやほや3枚引きスプレッドの実例をお見せしましょう。「今後、わたしのインナーチャイルドカード関連の活動はどうなりますか(なにが必要でなにが課題ですか?)」という質問(テーマ)で、展開してみました。(ご参考までに、タロットに置き換えたら何のカードかを示しておきます)

2016-10-14-10-40-54

上のカード(魔法使い)と、右下のカード(サンタクロース)は、不思議な力をもつ髭のおじいさんで、ポーズが似てるけど手が逆なんだな~とかいう感想ももちろんありです。描かれてる動物も、馬とウサギ(とトナカイ)じゃずいぶん意味が違うなーとか、そういう観察ももちろんありです。

◎ 一番上・現状とテーマ 「魔法使い」=法王
神秘的な世界からの導きや、自然界の力。高次の世界からのインスピレーション。 → のようなことを伝え広めるお役目、とおもわれます。

◎ 右下・未来 「クリスタルのガイド/ サンタクロース」=ペンタクルスのクイーン
世界に恵みを広げて、夢と物質界の豊かさをつなぐ人。 → 忙しそうです。みなさまが喜ぶもの、ことをお届けできるように駆けずり回って大忙しだ!

◎ 左下・課題 「ラプンツェル」=塔
タロットカードの塔は、塔そのものが壊れますが、このカードは塔が壊れるわけではないです。ラプンツェルが塔から出ていく形での決定的な思いがけない大きな変化と変転、を表しています。(これを引いた方は、読み手によって実にバラエティに富んださまざまな読み解きや解釈をなさる、とても興味深いカードです)

さて、このプロジェクトの課題やチャレンジはどんなことでしょうか?ちなみに「ラプンツェル」のお話はご存知ですか?女性の成長、というテーマとして、非常に複雑かつ多義的なストーリーです。

※ 「ラプンツェル」とちょっと似ているけど、違うバリエーションのお話である「眠れる森の美女」をベースにした映画「マレフィセント」について以前自分で書いた感想文があった。昔なので硬い。理屈っぽいですけど、基本的な考えはいまも同じなので、過去ブログ記事にリンクしておきます。→★

インナーチャイルド版の「塔」である「ラプンツェル」、このカードについてのわたしの印象と解釈はわたしの胸にしまっておきます。わたしの活動の今後の展開がどうなるか、何が必要か?もしよろしければ、いっしょに考えてみていただけるとたいへん嬉しいです。

さてさて。インナーチャイルドカードのセッションは、みなさまお時間いっぱい、あれこれいろいろお話になって「あ!そうか!そういうことか!」と笑顔になったり、涙が出たり、大笑いしたり、「わかりました!」とすっきり晴れやかなお顔になってお帰りになっていかれることが多いです。占い好きな方やプロの方々が、占って占って、ひたすら占い尽くして「わかってるけどできない!」ようなときにもお役に立つようです。答えは最初からご自分の中にあるのだけれど、そこにたどりつくまでに、どこかからなにかヒントやひらめきや道すじがやってくるような実に不思議なカードです。

明日15日(土)17:00〜19:00「インナーチャイルドカード体験会」をトナカイノニカイにて開催します。→★ プロのタロットリーダーから、まったく初めてカードに触れる方までご参加くださる予定です。「実際のセッションで、どのようにインナーチャイルドカードを使うか」というところに焦点を当ててお話しします。まだお席ありますので、ご興味お時間あう方は、どうぞお気軽にご参加くださいませ。

天海玉紀の金曜夜の通常鑑定の時間内でも、インナーチャイルドカードメニューをご用意しております。こちらもぜひどうぞ。→★

今後は、甘夏先輩とも協力体制のもと、ますますインナーチャイルドカードのセッションや講座など、サンタクロースのように(!)さらなる活動範囲を広げてまいります。セッション体験してみたい方も、いっしょに学んでみたい方も、機会をみてぜひともおいでください。お待ちしております。(天海玉紀)