ただの日記〜柔軟宮グランドクロス本番

chart_201605302000

西洋占星術では、いまちょうど「柔軟宮グランドクロス」の形成が進んで、空模様が盛り上がってきてる最中であります。

こちらは本日ついさきほど、20時時点でのホロスコープ。別によくわかんないまま、ただの図形としてみても、青い線の大きな三角形と小さな三角形、赤い線の大きな四角形(対角線あり)ができてるのがお分かりいただけるかとおもいます。

大きな三角形のほうは、通称グランドトライン。四大元素のうち「地」の元素である「牡牛」+「乙女」+「山羊」の3点で構成されています。

大きな四角形のほうは、通称グランドクロス。3分類のうち「柔軟宮」に属する「双子」+「乙女」+「射手」+「魚」の4点で構成されています。

chart_6月5日双子新月

今週末の6月5日新月図。グランドトラインはすでにほとんど解消されて、グランドクロスだけがどどーんと現れてます。これが今年話題の「柔軟宮グランドクロス」の本丸本営、みたいなものです。

いわゆる柔軟宮(双子、乙女、射手、魚)、といったサインは、もともと何かを調整することが得意で、そもそも相手や状況に応じて臨機応変に合わせたり、受け入れたりするのが得意な性質なんですが、いくらなんでもこれだけぎっしり揃うと、あちらを立てればこちらが立たず…状態です。

確固たる地面のない、ふわふわと足元のないところで、ずーっと爪先立ちでバランスを取り続けるようなかんじではないかなー。

特に3月5日前後、6月5日前後、9月5日前後、12月5日前後(日付はだいたいの目安で!)にお生まれの方々には、直撃!になる配置です。(サインとしては、双子、乙女、射手、魚に重要天体がある方々ももちろん関係者ですね)

chart_6月21日夏至

夏至図。ようやく太陽が蟹に抜けた…とおもいきや、今度は水星がやってきて、やっぱり柔軟宮グランドクロスは継続するのでありました。

ここ数ヶ月ずーっと、柔軟宮関係者のみなさまからのご相談ばかりでは?!といっても過言ではないくらいに、射手様、双子様、乙女様からのご相談が多いです。わたしのところには、魚様はあまりたくさんはお越しになりませんです…ってそんなことないな。ライツ両方柔軟宮!!!の人はたいていどちらかが魚ですね。はい。ずっと柔軟宮ご相談祭り継続中です。

「あーーー…いまあんまり大事なことは決めないほうがいいと思いますよ」と申し上げることがたびたびありました。「とにかく6月はとりあえず辛抱だ!」とか。めまぐるしく動き続ける状況に疲れ果てているみなさまも少なくないことでしょう。おつかれさまです。

うん… まぁこういう天気図、のようなものと思っていただければ、と。台風がやってくると、天気図に台風の図がどどーんって出るでしょ。あのかんじ。嵐がちょうどいま近づいてきてるんだな、ということです。

わたしはどうやら「やっちゃえやっちゃえー!」と景気良く背中押すばっかりと思われがちなところがありますが、いまはさすがのわたしも無計画な無茶な行動はお勧めしません。ご利用は計画的に!です。かくいうわたしも、柔軟宮一族の一員です。だいじょぶ!きっと無理にもがくと溺れるので、うまーく流れに身を任せて、どこかに流れ着くように身を処しましょう。

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加