2/22-23 名古屋〜三河ツアーレポ(其の3)

名古屋〜三河レポ、前回からのつづきです。→★

三角由恵さん=よっちゃんは、地元発で愛知県近郊はもちろん、関東圏でも多彩な活動を繰り広げていらっしゃいます。「子供に伝える性教育を学ぼう」「子宮力」といったテーマでのご講演活動、ラジオご出演、ご自身が開発した「たいわ」メソッドでのセッション、「たいわ」講座、「たいわヒト」養成などなど。そしてこちら!

2016-03-03-funty

むむむ?なんか、みんな、盛り上がってるみたいだけど、いったいなんじゃこの四角い布は?!どどーん。

これぞ噂のふんどしパンツ(FUNTY)でございます。現在はFUNTY、ですが、4月からは【F*Pan】えふぱんに名称変更されるとのこと。

よっちゃんことFUNTYプロデューサー三角由恵氏が
4年前に自分の履くパンツ欲しいからスタートしたFUNTY.

今では、東京まで講座が登場したり、
広がっております。

履いた人が、FUNTYを伝えたくて、作りたくて
販売する、作る側に回って伝える
という形は面白いつながりを見せていて、
めっちゃFUNTYを愛してるので
「これとにかくいいんだって!!」ってという皆の愛情で
広がっていってます。

※ 詳しくは、tic*tic さんのサイトご案内へ!→★

だそうです。ひょえー。なんかすごいじゃん。おもしろそうじゃん♪ このFUNTY、ワタクシさっそく帰ってきてから、履いてみました。さいしょは半信半疑でしたが、んんん?え?なにこれーーー!おもしろい!!!(履いた状態の画像はさすがにお見せできないので自粛しますが…w)

鼠径部にゴムがはいってないだけで、こんなにフリーダムな感覚になるのかー!と感慨ひとしお。これはたいへんキモチイイ。いかにふだんからきちきちとカラダとココロを締め付けて、ぎりぎりと限界まで追いまくって追いまくって生きてるのかがよくわかります。(履いたときの感想は、こちらの方のレポがわかりやすいよ!わかるわかる〜!です →★

なんだか、すごくおもしろいじゃん。いろいろおもしろいじゃん。FUNTY履いてみてから、わたしの内側からいろいろわらわらと動きが始まりました。そもそもわたしは肉体派ですから、形のないものへのリスペクトはありますが、しょせんはやってみてなんぼ。みてなんぼ。感じてなんぼ。たいそう即物的なニンゲンでございます。そういうスイッチがはいったかんじ。

今回のわたしのFUNTYは「ネル+麻」素材なんですが、ダブルガーゼとか、なんかいろんな素敵な素材や色合いのがずらりと並んでいて、なにはなくとも素材重視!肌触り命!の牡牛月(わたしね)としては垂涎もののラインナップでありました。

こちら、4月からの【F*Pan】えふぱん活動の新たなバージョンアップと稼働が楽しみです。わたしは買って増やしますが、手づくりクラフト系のクラスタのみなさまは、自分で作れるよ、これ。FUNTY製作講座も大人気だそうなので、これまた楽しみではありませんか。これからの活動に、目が離せません。

2016-02-23-mikawa-06

さてさて、今回のメインイベントは、三角由恵さん=よっちゃんの「たいわ」セッションを受けることでございまして、これまた大変有意義な体験と時間になりました。

しかしですね、「たいわ」を説明するのはなかなかこれ難しいです。たぶん、よく知らない人から見れば、霊感やチャネリングセッションのようにみえるかもしれないし、んー。まぁでもそういう感じとはちょっと違ったな。(ここらへんは、公式解説がでてくるのをしばし待ってから語ることにします)

わたしの感想としては、「たいわ」は、じぶんのからだとの「たいわ」であると同時に、よっちゃんとの濃密な「たいわ」でもありました。きっと講座や養成コースでは、おそらく世界のいろんなものと「たいわ」するのだろうと想像します。(ちがうかな?)

じぶんはひとりだけでじぶんなのではなく、じぶんの脳内イメージだけがじぶんなのではなく、外界とか、外界とのインターフェイスであるからだとか、目の前の人たちとか、周りの環境とか事物とか、あらゆるいろんなものとつながって常に「たいわ」している存在だってことをおもいだすのが、この「たいわ」セッションなのではなかろうか?(わたしの想像です)

この「たいわ」スタイルは、たぶん関係性のプロフェッショナルである天秤サインに天体をいっぱい持ってるよっちゃんならではの発想や、天性のセンスから生まれてきたのではなかろうか。わたしは基本的に自己充足型で、「関係」にはあまり興味がないからか、よけいにたいへん新鮮に感じられました。

2016-02-23-1716

帰りの名古屋駅で、ふと自分でみんなにお配りしいるインナーチャイルドカードのメッセージカードをひいてみた。ラプンツェル…「塔」ではないか…(爆

今回の旅では、なによりぎちぎちに詰まっていて、みっちりと一刻の余裕もない現在の自分の状況を、ちょっとひといきおいて見直す必要を再確認させてもらいました。豊かな海と空と、おいしいものと、楽しい仲間と過ごす時間。そうしたものへの羨望はあれども「そんなのまるっきりむりだわー」と追いまくられて暮らしている現状を一拍おいて見直すかんじ。

2日間ナビゲートしてくださったあかねさんからは、こんな記事がUPされています。
「野望は三河からうまれる」→★

そうそう。野望ってほどご大層なものではないけれど、まぁヨノナカ的には、野望なのかもしれません。まぁでももう「天海玉紀」を名乗り始めてからの5年来、自分の意思というより、なんかやれ、という電波な指令がきているようなものです。常によくわからないままですが、最近それはますます加速して、ただただもう、めのまえのできることをとにかくやるだけです。

よっちゃんの見立てによると、わたしは「渦」なんだって。
ふふふ〜♪ そうなんだ!よっちゃん、なんでわかったの?不思議だ!!!

2/22-23 名古屋〜三河ツアーレポ(其の1)
2/22-23 名古屋〜三河ツアーレポ(其の2)
2/22-23 名古屋〜三河ツアーレポ(其の3)

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加