金性は攻撃本能?(2)

昨夜はちと煽り気味に「人生は戦いだよ。世界は敵だらけだよ。そうだろう?」→★ と書いてみたところ、さっそくさまざまなコメントやリアクションをいただきました。みなさまありがとうございます!(このスピード感、きっぱりはっきり!は、まさに金性の持ち味ですね☆)

まっさきにコメントくださったのは、牽牛星中殺を中心星にお持ちのまついなつき店長。実は昨年の「車騎星・牽牛星」の回にご参加くださって、牽牛星的な貴重なコメントの数々をお聞かせくださいました。(このあたりの大事なポイントは、今度の講座にお越しくださったみなさまには直接お話しします)

すかさず続いてくださったのは、やはり牽牛星プロであらせられる、なかにしけふこ先生。ありがとうございます。そうなんです。先に答えを出してくださいました。まつい店長も、けふこ先生も、鍛え上げられた牽牛星プロですから。ご自身の傾向や考え方をよくご存知だからこそ、このような答えがすんなり出てくるのでしょう。

金性ネタなので、まずはっきりと先に結論言っちゃいますけど、このように「己が敵」「自分に厳しい」「自分を律する」力が金性の本義でございます。金性=「攻撃本能」と言われるけど、これは誤解を招きやすい。金性=他人を攻撃するような方々じゃありませんので、ここらへんくれぐれも誤解なきよう!!!

しかーーーしなぁ、ここまではっきりくっきりご自身の特性をすでに理解なさってる方々は、そもそも鑑定にはいらっしゃらないのですなー。(これだいじw)

「世界は敵だらけ」説は、鑑定でときどき耳にするフレーズなので、おそらくこう感じてる方々は一定数いらっしゃるだろうとおもわれます。「車騎星なのに、いつまでも考えてばかりで、なかなか行動できない」「牽牛星だけど、ぜんぜんわたしは偉くなってなんかない」→「この占い、ぜんぜん当たってないよ!」みたいに。

実際の鑑定にお越し下さったり、ネットであれこれ検索なさって、あーでもない、こーでもない、と調べてらっしゃるのは、きっとそんなお悩みを抱えてらっしゃる方々ですものね。

特に若いうちは、なかなか難しいと思うのです。まだまだ経験も実績もないうちは、恥かいたり、人に劣ったり、失敗したりするのは仕方ないのに。常に自分をぴかぴかに磨き上げて、有能でありたい金性型のみなさまとしては、そこでプライドが傷ついたり、心が折れたりしやすいわけです。でもねー、やっぱり若ければ若いほどリカバリーききますから。安心してください!

「だいじょぶ。とりあえずやってみましょうよ。誰だって最初から完璧なんてありませんよ。挑戦したことが、必ず経験値になってあとで生きてきますから。やってみなかったら、なにもはじまりませんよ」鑑定では、金性型の命式の方にはそうやって申し上げることが多いです。

とおもったら、けふこ先生からもうひとつ重要なコメントをいただきました。さすが鋭い!!!そうですよね。例えばこうやって、自分の意見に「異論反論おぶじぇくしょん!」みたいなものを頂いたとき、「攻撃された!」と感じる人は、日本的なカルチャーとしては結構少なくないかもです。

でもねー、そもそも陽転してる金性型の人は、自分が必死に頑張ってるからといって、他人に同じような努力を強要したりしませんから。(なんというか、好きで強烈な筋トレとか、トライアスロンとかしてる人たちみたいなかんじだな)← 同じことを望んでない人にも強要すると、それは確かに「攻撃」と捉えられることがあるかもね。

「正々堂々、あとくされなく、すっきり、きっぱり、はっきり」理想の金性スタイルって、そんなかんじです。

ということで、すかさずリアルボイスを聞かせてくださった牽牛プロのおふたり、ありがとうございました。この雰囲気、みなさまにも伝わるといいなー☆

◎ 天海玉紀Twitterアカウントは、こういう真面目な占い談義から、興味ふかい話題のシェア、ふだんのグダグダ話まで、なんでもありで運営中です。

天海玉紀 Twitter @tamaki_deluxe

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加