11/27 ウラナイ・トナカイ出演情報

IMGP9589

2015年11月27日(金)
南阿佐ケ谷 ウラナイ・トナカイに座っています。 ⇒★

17:00〜 17:30〜 19:00〜21:00  ご予約受付中 →★ (11/26 22時現在)

17時からのさっくり短時間鑑定、19時以降が空いています。
ご来店前にメール、または17時以降でしたらお店にお電話くださると確実です。お気軽にどうぞ。お待ちしております。 03-3220-9477(ウラナイ・トナカイ)


20151111-menu

対面鑑定のご案内をリニューアル中です →★
「あなたにぴったりのおススメ占いメニューは?」早わかりチャートお試しください!


< 現在募集中の講座・イベントお知らせ >

11/29(日)12:15〜18:45 算命学・子育て相談・オトナの進路相談会 →★(天海玉紀の出演はありません)

12/8(火)10:00〜12:00 こわくない!天中殺〜入門編 →★(残4席)

12/22(火)14:00〜16:00 一陽来復!易で占うあなたの2016 (翡翠輝子)→★ (残4席)


IMGP9578

ここのところ頻繁に大学病院に出入りしているのですが、そのたびにテキパキと笑顔で働く看護師さんたちのお仕事っぷりに感嘆し、頭が下がります。救急然り、病棟然り。想定外の出来事や要望はバンバン飛んでくるだろうし、なによりひとりであんなにたくさんの人数のあーでもないこーでもないうるさい(人が多いはずだ)患者をみっちり面倒見てるとおもうと、想像しただけでたいへんだなぁ…と絶句するのみです。

単に患者の看護だけではなく、たくさんの人が関わるチームとして働いてるわけだから、縦のつながり、横の連携といったチームワークも求められるだろうし、複雑な人間関係も張り巡らされているだろうし、いやはや…頭が下がります。

職業というのは、時代によってどんどん新しくなったり、変化したりするので、占いで教科書的に暗記して当てはめるだけでは実情にそぐわないことも多いです。例えば、看護師は、伝統的にはたぶん「禄存星」の職業として分類されてるはずです。「看護=奉仕」という解釈なのかと想像しますが、そういう解釈って、どうなんでしょうね?

リアル看護師さんたちはどうなんでしょうか。(わたしの存じ上げる範囲では「牽牛星」が効いてる方々のお顔が思い浮かびますが…そのうちリサーチしてみたい、気持ちが湧いてきます)

そもそも「奉仕」とはなにか、と考えるだけで、楽勝でかるーく3本は記事が書けます。看護師さんたちがプロフェッショナルな仕事を続けるには、「奉仕」の精神だけでは難しい。労働環境や待遇がきちんと守られてこそ、のプロフェッショナルとしての職業です。そう考えると、同じように重要な対人業務であっても、介護領域や保育領域の労働環境や待遇は低すぎやしないか?!なんて考えはじめるとキリがありません。

どんな分野であっても、さまざまな職業の専門知識や、専門技能を有する方々に対して、わたしはいつも驚いたり、畏敬を感じずにはいられません。直接なにができるわけではなくても、専門技能や専門知識に敬意を払うことが、ひいては自分の職業や立場が守られることにもつながる、とおもっています。

あーなんかきょうはまじめだな。今朝は、あっというまに消えてしまった虹を見て、ちょっとしあわせだったのですが、そんな気持ちもあっというまに消えてしまった。虹のように。

自分に余裕がないときは、まるっきり遊びがない。正面切った正論しか言えない。まるっきりひねりのないくそ真面目なことしか書けなくて、つまんねーなー、器ちっちゃーなー自分、って、われながらしみじみと己の限界にがっかりします。

んー…ってか、要するに疲れているんですね… あしたに備えて、お風呂はいってはやくねます。そういえば、あしたのお店日記は何書こうか…orz

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加