ラムゼイ・ハント症候群(2)

2015-11-07-tokyost.きのう(23日)は、ウラナイトナカイでの講座ダブルヘッダー、ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。おたのしみいただけたでしょうか?

特に前半は、数が数えられない大ボケたまきのせいで、遅れた方が会場に入れなくなってご心配をおかけしたり、会場の収容人数超過になってしまったところを、「大丈夫ですよ」とにこやかにおっしゃってくださった天禄レディ&わざわざ長野から飛んできてくださった天将レディのおふたりに甘えてお席をシェアで勘弁して頂いたり…なんやらかんやらとてんやわんや。とてもじゃありませんが、みなさまのご協力なしには成り立ちませんでした。みなさまのご参加とご協力に心より感謝申し上げます。

後半は、これまで自分があんまり人前では喋ったり書かないようにしてきた「天中殺」についてお話しました。なぜか?!すでにながーーーく講座に通ったり、ご自身でも勉強深めてらっしゃる方、プロの方々もお越しくださっていたので、天中殺に関して実際のできごとについてのコメントや実体験をお話いただいたりして、これまたみなさまにたくさん助けていただくことがたくさんありました。占いで生きた人間の営みを考えていく限り、実際の体験や、リアルなコメントにまさる勉強はありません。みなさま、本当にありがとうございました。

「こわくない!天中殺」については、来月12/8(火)に同じコンセプトで平日開催いたしますので、ご興味ある方、ご都合合うようでしたらぜひお越しください。→★ きのうはたまたま「宿命中殺」をお持ちの方がいらっしゃいませんでしたが、次回は宿命中殺の方々がおいでになる予定なので、次回はそのあたりも絡めてお話しようかと考えております。いつも「講座」というか「ライブ」でございます。お待ちしております!


おかげさまできのうの講座ダブルヘッダーが終わって、ほっとしたのもつかのま… 母から呼び出しがありまして…「お仕事終わった?なんかひどくなってるみたいから急いで来て!」とのこと。(誰か具合が悪い人がいると常に呼び出されるのはわたしだ…)2015-11-23 20.11.32

あれまーーー…顔面神経麻痺がどんどん進んでて、おでこのシワが無くなって、口が一方向に曲がってました。水飲んでも即吐くから薬も飲めず、だそうで、困ったもんだ。というわけで、今度は父を救急外来に連れていってそのままこんどは耳鼻科に入院と相成りました。

こうやって年寄りを救急に連れて行くのも以前からわりと日常的な行事でありまして… くたびれますねー。(わたしが年取ったときには、ひとりでなんとかするしかないんだろうになー。やれやれ)

やっぱり「ラムゼイ・ハント症候群」だと診断されました。症状の出方は人それぞれらしいですが、1週間くらいかけて、頭痛+耳痛+耳の腫脹+耳の水疱、発赤+顔面神経麻痺(イマココ)と、だんだん症状が増えましたので、フルコース発症です。なかなか厄介な病気、ということは知っていましたが、よくみてみると「全般的に予後不良」なんだそうです。つまり、顔面神経麻痺が完治せずに後遺症が残るケースが多いようです。(若い女性に出ると厳しい…というのは確かにそうですね)

きょうになって医師からの説明では「後遺症が残りやすい。その治療やリハビリとして、鍼に行く人もいる」と言われたらしく、「娘が鍼灸師です」と言ったそうな…orz(顔の鍼は何度やっても緊張するから好きじゃーないのよね…美容鍼灸とか効くのはわかるけど、自分ではぜったいやりたくない…)

chart_201511260744

ということで、次から次へとやることのハードルが上がって増えていく今日この頃です。

そういえば、26日は射手ー双子ラインの満月ですって?!土星/海王星がらみのハードコアな配置なんですよね… 予定通りに旅行なんて行かなくってむしろよかったのかも?!

なんかもういまさら改めてチャート見る気にもなれないわけですが… と思いながら出してみました。あらーーー… (絶句)

柔軟宮チームの同志みなさま、お変わりありませんか?なんとか生き抜いていきませう…orz