2014/08/19 水星海王星オポジションの日

きょうは乙女水星と魚海王星がぴったりオポジションの日。「とらえどころのない不思議世界を形にして観るには最高だね♪」といえるでしょう。

今朝起きてつけたラジオからいきなり流れて来たのは、Queenの「ボヘミアンラプソディ」でした。(洋楽は知らん、とおっしゃる方々も、きっとどこかで一度は耳にしたことがあるはず。特徴的なアレンジと難解な歌詞、非常にインパクトの強い楽曲です)朝からハイテンションで目が覚めましたですよ。

Queenのボーカルといえば、すでに伝説の人ともいえるフレディ・マーキュリー。これは彼の芸名なわけですが、「マーキュリー」というからには、水星=マーキュリーが強いチャートなのだろうと予想して、フレディのホロスコープを探してみました。(1946年9月5日ザンジバル生)果たして果たして、 そうであった。乙女水星+乙女太陽、の持ち主であるフレディ。
確かに水星は我が家である乙女にあり、本来の力を存分に発揮できる、と言えそうですが、意外なことにぱっと見たところで、水星の目立つアスペクトは月とのトライン、くらいしか見当たらない。あの独特のルックス、超絶技巧の歌唱力や表現力、オーディエンスへのパワフルなアピール力は、乙女力のいささか変態的?とも言えるような強烈なコダワリで理想を追求して、磨いて磨いて磨き抜かれたものだったではないかと想像します。
特に乙女水星は初期度数なので、細部への美意識や集中力には群を抜く力があるはず。さらにastro.com のデータだと、水星+太陽の乙女は6Hなので義務と自己研鑽として磨き抜かれるThe 乙女! さらに山羊月はMCにカルミネートだし、豪華絢爛な天体がぞろぞろ並ぶ7H天秤からは、スター性やカリスマ性、華やかさやサービス精神を感じます。世間で広く愛されて支持されるスター性には、周囲の要求に応えていく他者軸の意識が不可欠なのだろうな〜とも言えそうです。

水星は乙女に入ったけど、きょうは水星×海王星アスペクトの日でもあるので、乙女水星本来の正確さや几帳面さはだいぶぼんやりとぼやけさせられることでしょう。しかし、だが、それがいい、ということで、なんか創作とか芸術鑑賞とか楽しむには良さそうですね。(私はひさびさにQueenでも聴くとするか〜)

それにしても…個人的には、凄い!凄い!凄いわ〜!とおもうアーティストさんや技術者さんには、たいてい乙女サイン強調の方が多くて驚きます。うすぼんやりした理想を現実のカタチに落とし込む超絶技術、に憧れます。しかしながら、ぶっちゃけ本音としては「作品や業績は素晴らしい!!!リスペクト!いや…でもそんな人が身近にいたらキツそう。それはマジ勘弁ね…」と思います。(いや、その…双子天体過多目線からのスクエアな意見ですんで、身も蓋もない感想でスミマセン…)でも、スクエア関係は仕事相手にいいよね。ってなことで、火曜日の私とmaruさんってば、柔軟宮てんこもりそろい踏みの組み合せでございますよっ。ふふふ♪(天海玉紀)