2014/05/13 吹き渡る風のように

maruさんがご自分のブログに、サッカーの日本代表23選手のデータリストをUPしてますね。楽しい〜!ぜひみてみて! なんたってグラフまででてるよ!職人技だな〜。さすがです。感服! ⇒★

なんといっても、お誕生日データリストは、占い師にとっての大好物♪  そんなのが目の前にあったらすぐに見るでしょ!今でしょ!という熱いパッションをクールにデータに変換していく感じ、むちゃくちゃわくわくします♪ いいもの見せて下さってありがとう。(maruさんの緻密な仕事っぷりは乙女座力や土星力が高いのはもちろんだし、算命学の命式では龍高星が効いてる=龍高星的な探求者の雰囲気もむんむんと感じます☆)ちなみに、サッカー選手は柔軟宮強い人が多いんですね。活動宮や火が多いのかと思いきや。瞬間的な臨機応変力が大事!というかんじでしょうか。(魚パワー強し!もさすがですな。魚座プロのmaruさんにあとでもっと解説してもらおう。そして解説の続きも書いてもらうようにお願いしておきますね!)

いわゆる芸能人さんだと、お誕生日が明確でなかったり(サバ読んでたり)なんてこともありそうですけど、いくらなんでもスポーツ選手はさすがにそれはなさそうですし、純粋に試合を楽しむだけでなく、プレーのスタイルやポジションと合わせて素のキャラクターや才能をあれこれ推測するのは非常に興味深いことでしょう。占術そのものの生きた勉強にもなりますね。占いの「勉強」といっても、結局のところマルバツ式のいわゆる机の上で記憶するだけの「お勉強」とは違って、生きた人間のリアルな人生を読みこんでいってこそ、ですから、人間そのものや、人間が織りなすドラマの数々に夢中になって、たくさんの人の命式や、果てはただの日付までを読んで読んで読みまくっている人が、どんどん腕を上げていくのは当然であるように思います。

また、生身のニンゲンである以上、誰でも自分の読みはどうしても自分のフィルター(考え方や観点の偏りやクセ)から完全に自由になることはできません。(それは決して悪いことばかりじゃないけど、自分の観点や与えられた情報だけにがっちりと凝り固まってしまうのも望ましくないとおもうな)よりよい占いをきちんと続けていくためには、常に研鑽が必要で、ご本人から頂くフィードバックを真摯に受け止めたり、他の人の読みを聞かせてもらったり、もっと凄腕の先生方の解説を聞かせて頂いたり、それぞれの意見を自由に交換し合うこともまた大切な「勉強」ではないでしょうか。

5月末まで、水星がホームグラウンドである風のサイン双子座を運行中です。(水星のもうひとつのホームグラウンドは地の乙女座ね☆)風は壁も国境も海も関係なく、きままに自由に吹き渡ります。なんの形も為さず、なんの深みも無く、はかなくあっというまに散って消えて行く風の双子座の軽薄さではなく「私はこう考えるよ。あなたはどう?わぁ!そうなんだ!すごいね!」と、お互いに相手と自分の違いを尊重しながら、新鮮な刺激を与え合う自由闊達なやりとりの大切さや楽しさが、さまざまな人の心の中と世の中のあちこちで起こってほしい、意識にのぼってほしいと願っています。(天海玉紀@双子太陽水星合)