《再録》2014/02/15 楽しんで収入アップ? 洩気→財気の話(其の2)

「洩気」のお話しシリーズ。前回の続きです。

《再録》2014/02/15 楽しんで収入アップ? 洩気→財気の話(其の1)

ご質問の多い(つまり多くの人が課題としてお持ちの)テーマについて、ときどき過去記事からピックアップしてご紹介しています。

「洩気」のお話しからいくつかシリーズを抜粋しています。来月の「財運と人気運」講座につながる大変重要な部分です。昨年ご参加くださったみなさまや、来月のご参加をご検討くださっているみなさまは、ぜひご一読いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

このまえ、なぜ特に「洩気」の重要性を取り上げたかというと、洩気は財気を生むから、つまり洩気がお金や人気を生み出すから!なのであります。

仕事とは通常は「剋気」=我慢してやるもの=義務(6ハウス的)ですし、あらゆる仕事には「剋気」が少なからず必要ではあります。でも、特にワタクシたちのような自営業や、お客様稼業においては「剋気」だけ、ではなかなかうまくいきませんね。ええ。

やるかやらないかはご自身の判断としても、「洩気→財気」のプロセスを理解しとくのは決して損にはなりません。ここで会ったが100年目。はっ。ではみなさま、こっそりお耳を拝借。

わかりやすくいうと、こうだ。じゃじゃん。

私が占いブログを書く ⇒ 興味を持った人が読んでくれる ⇒ おもしろがってくれる人の中から、実際に私に会って相談したり、講座を受けてみようかな、と思う人が出てきてくれる ⇒ 私にお仕事の依頼が来る。ありがとう! ⇒ お客さまが楽しんでくれたらめでたしめでたし。そして私の収入が増える。ありがとう! ⇒ さらに何かを発信する(以下同じように続く)

というかんじですね。そう。別に占い関係なく、一般的に流布している「ネットを使って上手に販促!」というテクニックは、ほぼ確実にこの洩気⇒財気のサイクルを応用したものだとおもいます。自分自身も楽しみながら、お客様も喜んでくれる。いいじゃないですか。

自気⇒財気(つまり、木剋土)だと相剋関係で、直接相手を剋すことになるので、ちと強引なのです。これはあんまりスマートではない形なので、自分も相手もくたびれます。それよりも自気 ⇒ 洩気 ⇒ 財気と、あいだに洩気をはさむことによって、スムーズに相生関係でものごとがすすむ、と考えます。

もちろん、趣味で書いてる。好きで書いてる。だから、それを収入に結びつける気はない。だって、お金をもらうようになると、いろいろな責任や面倒なことも発生するから、自分で楽しむだけでじゅうぶんです!というスタンスも当然アリで、むしろ、それが洩気の性質としての本来の姿だと思います。

あとは、そうだなぁ〜、販促の為に何かをしぶしぶ義務で発信してる、というのは情報の受け手にもバレますから、そういうやり方に目はないでしょうね〜。(とりあえず、twitterやFBの会社ページを作っとけ、とかよくわかってない上司に言われた担当者が、めんどくさそーに運営されてる企業ページとかつまんないもんね)

ということで、五行のサイクルを意識してみる実験として、洩気⇒財気の流れを強化するのは、密かにお勧めなのです。(特になんにもバックグラウンドがないところから始めたい自営志向の方々)

もちろん五行サイクルの他の部分のつながりでもいいんだけど、お金持ちになって(財気)⇒偉くなる(剋気)はいきなり実践するにはちと大変そうだしなぁ。(てか、無理だし…orz)いっぱい勉強して(生気)⇒ココロの安定(自気)かぁ〜。うむ。このあたりならできそうですけどね。

というわけで、洩気(自分がココロからたのしんで発信する)⇒財気(そこから人気が出たり、お仕事につながるかも?)」ここだいじ。以上です。はい。

楽しんで発信することが、未来の新しい収入や出会いにつながるかもしれないよ、と申し上げたら、そこでぐぐっとココロが動く人、多いでしょ? ふふふ♪(2014/02/15記 天海玉紀)


というわけで、このお話しをもっとぐぐっと深めた講座「土性を極める〜財運と人気運の秘密」を、来る2018年2月18日に開催いたします。(昨年秋に開催したときには、あっ!という間に満席で広い会場を借り直しました)2月分のお知らせは現在作成中につき、少々お待ちくださいませ。

ものごとの仕組みを考えるのが好きな人にとっては、この占術はたぶんものすごくおもしろい!はずです。ひらめき型の人にとっては、思考訓練になるともいえます。ぜひ今後ともおつきあいいただければ嬉しい限りです。(2018年1月 天海玉紀)

《再録》2014/02/10 洩気と水星

<再・再録> Q&A 五行と五原則(陰占と陽占)

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加