2013/10/08 アストロマップで世界旅行!

アストロマップとは、ホロスコープのチャートを世界地図に投影して、それぞれの惑星のラインが通るラッキーな場所や要注意の場所を探す手法です。留学先や習い事を迷っているようなご相談のときや、自分自身でもたまーに見ますが、おお!意外に使えるな〜♪ と思います。

(ここはいかにも危ない!という地名を申し上げたら、「そうなんですか?!実際にそこに旅行したとき、とても危険なひどい目にあったんですよ!というお話を伺ったこともあります。ぎょぎょぎょ!と、びっくり仰天!)

自分のネイタルチャートを、自分の生まれた場所以外のどこかに出生地を設定変更して眺めてみるだけでも興味深いです。ハウスが違うだけで、チャートの雰囲気が全然違って見えて新鮮です。チャートをぐるぐる回しているだけでも世界旅行ができます♪

私は24歳の時に1年近く住んだニュージーランドのクイーンズタウンあたりを、太陽水星ラインが通っていることに、昨日気がつきました。。。(ふだん12ハウスに隠れてる太陽水星がアセンダントに乗るんですねー)当時のワーキングホリデーは、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの三か国しかなくて、なぜ自分がいちばんマイナーなニュージーランドに行ったのかは「なんとなく」としか言いようが無いのが不思議なところです。私の今後の夢はタヒチに長逗留でございまするよ。ふふふ。

ご自分にとっていかにも楽しそう、可能性が広がりそうなポイントが見つかったら、もちろんその土地に住んだり、長期滞在するのがいちばん効くと言われます。実際に行くのが難しくても、その土地の特産品を飲んだり食べたり、その土地にちなんだ習いごとをしたり、といったライトな使い方もいいようです。(実際に私はそういう使い方をして、そのチャート通りの出来事が起こりました。となると、次はタヒチアンダンスを習うか〜w)

スターゲイザーのソフトにもmap機能は搭載されていますが、全体に地図がざっくり風味なので、http://www.astro.com/ で出したほうがより細かい地図が確認できると思います。(ご出生時間が必須です)東洋の占術も果てしなく深いけど、占星術もやっぱり深くておもしろいですね!(天海玉紀)

対面鑑定・講座のご案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加